SM出会い一覧

SM出会い系サイト「SMMAX」の詳細を解説!

SMMAX

とにかく手っ取り早くSMセックスがしたい! 誰でもいいからSMセフレがほしい! そんなときには「SMMAX」を始めましょう!

「SMMAX」の特徴

SMプレイはそのアブノーマルな専門性から、どうしても閉鎖的なコミュニティになってしまいがちで、初心者の人はなかなか入りづらかったりしますよね。

しかし、SMMAXはそんなSM出会い系サイト特有の閉塞感がまったくない、とてもオープンでカジュアルなサイトなのが特徴です。 続きを読む


SM出会い系サイト「SM出会いコミュニティ」の詳細を解説!

SM出会いコミュニティ

とにかく様々なジャンルのSM出会いを網羅したのがこの「SM出会いコミュニティ」の最大の特徴です。

「SM出会いコミュニティ」の特徴

ひとくちにSMプレイといってもその内容は様々です。

目隠しやタオルで手足を縛る程度のソフトSMから、ウンチやおしっこまみれになるスカトロプレイ、流血や失神にまで至るような超ハードSMプレイまで。

そんな多岐にわたるSMジャンルのほぼすべてをカバーしていますので、必ずといってもいいほど自分の望むプレイと一致するパートナーが見つかります。 続きを読む


SM出会い系サイト「痴女っ娘と交尾」の詳細を解説!

痴女っ娘と交尾

M男と痴女を結びつけることに特化したサイトが「痴女っ娘と交尾」ですね。

「痴女っ娘と交尾」の特徴

世の中にはS男向けの出会い系サイトは数多くあるのですが、実はM男向けのサイトってあまりないんです。

なぜかといえば、圧倒的にM女のほうが多いからなんですね。S女は貴重な存在なのです。

そのため、M男向けのサイトをつくったとしても、S女が集まらずに出会いが成立せず、そのまま閉鎖されてしまうことが多かったんです。

……そんなM男向けの出会いサイトの生存競争に勝ち残った、史上最強のサイトがこの「痴女っ娘と交尾」というわけです。 続きを読む


SM出会い系サイト「Spanky」の詳細を解説!

Spanky

SMを専門とした出会い系サイトはいくつもありますが、その中でもこの「Spanky」はもっとも良心的でコスパの良いサイトだといえるでしょう。

「Spanky」の特徴

Spankyならではの特徴としては、とにかく変態M女の登録会員数が多いことですね。

SとMの比率はだいたい3:7くらいでMが多いと言われています。これは男女関係なく、受け身の人間のほうが多いんだそうです。

つまり男女100人ずつが登録した場合、30人のS男と70人のM女に分かれることになります。もう、この時点でS男の不足は確定しているので、S男からすれば変態M女を選びたい放題の環境が出来上がるわけですね。 続きを読む


アナルに興味津々な腐女子を捕まえて調教しよう!

腐女子」という存在をご存知でしょうか?

私もここ数年で初めて知ったのですが、男性同士の恋愛を扱った小説やマンガを好む女性を指すそうです。最近では芸能人やモデルが自分は腐女子であると公言するなど、ある程度の市民権を得てきているんだとか。

急増する腐女子という存在

男性同士の恋愛……そう、いわゆるホモやゲイのアナルセックスを見て興奮する女性たちなのです。その時点でSMプレイもびっくりなアブノーマルプレイだと思うのですが、女性からすればそんなにおかしな事でもないようです。

「ホモが嫌いな女子なんていません!」という名言? もあるんだとか。いやはや、世の中は広いものだと思い知らされますね。 続きを読む


退屈な二流のM女を、極上のM女に育て上げよう!

smkergzo001039SMプレイをこれまで一度も経験したことがなく、自分自身がSかMかどうかよくわかってない……という人の多くは「自分はどちらかといえばMかもしれないな」と思っていたりするものです。

なぜ自分をMと思うか?といえば、それは消去法なんですよね。「自分はSではないだろうから、じゃあ残ったMなんだろうな」という消極的な選択でMを選ぶ人がほとんどなのです。

初心者だったり始めたばかりのM役というのは、すべてが受け身になってしまいがちです。相手がしたいことのすべてを受け入れることが私の役目であると。それこそが愛のカタチであると。そう思い込んでしまうものなのですが、実はそれって大きな過ちです。 続きを読む


M女を虜にするためにもっとも大事なテクニックとは

images

SMにおいてもっとも大事なことは信頼関係です。そして、その信頼関係を築いて育んでいくのにもっとも大事なことは会話です。たくさんのSMグッズをもっているだの、緊縛技術がうまい(プロ並みとなるとまた話は別ですが)だのよりも、会話で相手の気持ちをつかめる人ほど良いS男になれます。

そういう意味でも、何度もお伝えしておりますが粗暴なだけのにわかS男は中級者以降のかたにはまったく人気がありません。なぜなら会話が成り立たず、一方通行になってしまいがちだからですね。きちんと会話のキャッチボールが出来てこそ信頼関係が深まるのです。 続きを読む


これはアカン!出会い系でやってはいけない5つのモテない行為

130920top

出会い系というものは、こうしたほうがモテる!という行為よりも、これをするとモテない!というほうが大事になってきます。やはりどの出会い系サイトにおいても、メールを多く受け取るのは女性側です。それはSM出会い系でも同じことです。それも条件のいい女性…つまり美人でスタイルがよく魅力的な女性ほど、多くのメールを受け取るわけです。

では、一度に数十通ものメールが届いたらどうするか?といえば、まずはしっかり読むメールを絞り込む、という行為がおこなわれるわけです。1通1通に目を通すのも大変ですし、ぶっちゃけ面倒でしょうからね。悲しいことに、世の男性方の送ったメールの多くはそもそもまともに読まれないまま破棄されているわけなんです…。 続きを読む


【中級編】「後ろ手縛り」の縛り方・緊縛プレイの解説やコツ(画像あり)

ushirote0182

この後ろ手縛りは手首や足首の拘束といった基本中の基本を除けば、一番ポピュラーで愛用されている縛り方かもしれません。

これも同じように、他の縛り方と組み合わせて使われることが多いですね。別名としては後手高手小手(ごてたかてこて)と呼ばれたり、後手縛りと表記することもあります。

後ろ手縛り自体は1本の縄があれば出来るのですが、今回はせっかくですので2本つかってより固定感がでて、緊縛感のある手順をご紹介したいと思います。これまでと比べてかなり複雑になっていますので、よく図を見て下さいね!

「後ろ手縛り」に適した縄やロープ

初めて練習するときはなかなかうまく行かず、かなり時間がかかってしまうことが予想されます。

縛り方にまごまごしている間、女性側はずっと同じ姿勢を強いられます。後ろ手の姿勢のままじっとしているのはかなりつらいものなのです。

少しでも女性側の負担を軽減するためにも、まずはシリコン製のロープで練習するのがいいでしょう。

柔らかさと伸縮性を兼ね備えているため、女性側への負担はもっとも少ないと言われています。

吸い付くように肌に食い込む拘束プレイの悦び
初心者さんから扱いやすい太さ5mmのシリコン製ロープ

今回のように2本の縄やロープを使う縛り方の場合、赤と黒でわけて縛ることを強くオススメします。

同色の縄やロープだと、やっているうちにどっちがどっちだかわからなくなってしまうものです(笑)

色分けされていればひと目で分かりますし、赤と黒の織りなすカラーバランスがとても美しく、見栄えも良いです。

「後ろ手縛り」の縛り方

usiro usiro2 usiro3 usiro4

注意点としては、とにかく後ろの縄をまとめている部分がごちゃごちゃしてしまいがち、ということです。適当にココを結んでいると、のちのち解くのに非常に苦労することになりかねません。

きっちりと階層を考えて絡まないようにし、余った縄は根幹部分に巻いておくことで見た目にもスッキリします。

拘束状態が目的なだけ、時間的に早く縛り上げたいという場合は手順の9まで行えば立派な後ろ手縛りとして成立していますので、TPOによって使い分けてください。

2本目を通すことでより緊縛としての完成度は高まりますので、時間とやる気のあるかたはぜひ最後までの手順を覚えてくださいね。

手間はかかるが、その効果は絶大

後ろ手縛りはかなり完成度の高い縛り方ですし、後ろに回った手にさえ気をつければそのままセックスとしていろいろな体位を楽しむことも出来るという実にオールラウンダーな縛り方なのも特徴です。

ただ、自分でちょっと後ろに手を回してみるとわかるのですが、後ろ手状態というのは関節的にかなり無理をした状態になりますので、緊縛状態のまま無理をしてしまうと脱臼や骨折をしたりしてしまうことも。

さらに後ろ手縛り状態での正常位などはベーシックであり魅力的でもあるのですが、自分の体重とご主人様による負荷が後ろ手のワンポイントに集中する形になりますので、背中がかなり痛くなりますし、加重と縄の縛りによって手首の血管が止まってしまうこともあり得ます。

ついついセックスをしたくなってしまう緊縛プレイのひとつですので、セックスそのものに夢中になりすぎず、相手の様子を必ず観察してあげましょう。

緊縛の構造的に「あそび」を作ることが難しい縛り方になり、腕はずっと固定された状態になりますからね。

ただ拘束して眺めるだけならいいのですが、セックスなどの激しいプレイを併用する場合は長時間の拘束は危険ですので、気をつけてください。

後ろ手縛りは色んな場面で活躍します!

この後ろ手縛りはとても使う機会が多く、また手順も複雑なためまずは1つ1つのステップをきっちりと覚えることが大事です。

初めて縛る際はうまくいかないかもしれません。その場合は、M女側も裸ではなく着衣の状態で縛られるといいでしょう。

着衣であれば縄の滑りがよくなりますし、仮に長時間の緊縛手順になってしまったとしても肌寒さを感じることもありません。

上半身を本格的に縛るのはこれが初めて、という人も多いでしょうから力加減には気をつけるとともに、その加減を学ぶいい機会にもなります。

腕は必ずリラックスした状態のままを固定するように心かげてください。

縛り方の性質上、一度固定してしまうとその体勢がずっと変わらないことになりますので、変な体勢だったり身体が過剰にこわばった状態で縛り上げないよう注意してください。

この後ろ手縛りをきっちりと縛れるようになればもう初心者は卒業といえるでしょう。これから死ぬまでつかう縛り方になりますから、自分への自信にもなりますね!

いざ、実際に縛ってみよう!

初心者が実践で練習したいのであれば、SM出会い系で相手を探せばすぐに見つかります。

特に「IROHA」というサイトは初心者S男へのサポートが厚いことで有名です。M女ばかりが集まるコミュニティなので、常に縛られたい需要のほうが高く練習相手に困ることはまずありません。

初心者同士であれこれと試しながら少しずつ練習していくのもいいですし、熟練のM女が新人のS男に対して手取り足取り教えてくれるパターンも多くあります。


M初体験ならまずはココから ~IROHA~

大事なのは見栄を張らないこと。素直に「縛りの練習をしたい」と伝えればほとんどのM女は快く受け入れてくれます。

SM界の特徴として、自分が初心者の頃に受けた手ほどきは新しい初心者に対してお返しするという文化があります。初心者であればあるほど、皆から歓迎されますよ!

必ずお読みください

いま、SM出会い系がとんでもないことになっている実情を伝えます!必ずお読みください!

現在、最新のSM出会い系の状況をお伝えします。 こんなご時世で出会いを求める人なんているのか?と、思う人も多いかもしれませんが……実は今、とんでもなく新規会員がふえているのです。 正直、いまめちゃくちゃ出会えます!! ...

実際に縄をつかうまでの流れ

20081020home02-f0d3c

いかに縄というものが日本のSMにおいて重要なアイテムでありアイコンであるかは先述した通りでありますが、そんなSMを代表する存在だからこその問題点というものもあります。それは、女性にとって縄を用いた緊縛プレイというのは心理的に抵抗があるということです。

まず、そもそもですが縄をつかった緊縛プレイというのはどう考えてもハードの部類です。いきなり縄で縛ってみてもいい?なんていわれて笑顔でいいよと言ってくれる人は根っからのM女でもない限り、まずいないでしょう。

目隠しプレイやオモチャの手錠などでのソフトSMを経験した女性にとっても、縄というのはやはりかなり抵抗があるそうです。私もお付き合いしていた彼女に縄を持ちだしたことがありますが、最初はかなり嫌がられたものです。「ついにコレがきたか……」と感じたそうで、縄をつかったプレイをあれこれ想像するよりも、いかにやんわりと断るかに意識がいったそうですから(笑)

それもそのはずです。前にも紹介したように、本来の縄というものは罪人を縛るためのものでしたからね。今でこそ美しいSM作品として緊縛されているシーンもありますが、そういった本格的なシーンというのはなかなかふつうに生活していたらお目にかかれるものではありませんからね。どうしても縄=怖いというイメージが刷り込まれていたとしても不思議ではありません。

ではSM初心者の女性……とくに彼女といった本来のパートナーに縄を勧めるにはどういった手順を踏むのがいいのでしょうか?

まずは縄以外のモノをつかった拘束プレイから

大前提として、縄を用いた緊縛プレイをしたいのであればまずは縄以外のソフトなもので拘束していくのが必須になります。SM出会い系などであれば、最初から縄でもいいよ、と言ってくれる子も多いのですが、初心者を相手にする時だったり、SMにまだ興味がそれほどない彼女や奥さんだったり、あるいは自分が初心者だったりする場合なども、もろもろ含めてまずはソフトなものから始めるのがいいでしょう。

31519_300_300そういった拘束用のSMグッズというのは多く売られています。たとえばふわふわとした柔らかい素材で出来たかわいい手錠などがありますね。こういったものであれば女性の抵抗感というのはかなり低く抑えることが出来ます。

それでも、あらかじめグッズを用意していた、ということ自体に引いてしまう女性も少なからずいますので……そういうときは、ストッキングやネクタイなど、普段から身に着けているもので代用するのもいいでしょう。それらであればいかにも準備していたという感じはしないですし、普段から身に着けているものですから抵抗感もほとんど覚えることはありません。

それで好感触を得ることができたら……いよいよ次は縄の出番なのですが、いきなり持ち出すのはNGです。これはわたしの経験からもそう言えるのですが、まずは「縄を使ってみようと思うんだけど、どうかな?」と相談するところから始めるのがいいでしょう。

そうすることで相手の意見が聞けますし、相手も心の準備であったりいろいろな予備知識を調べる時間というものができますので、抵抗感は徐々にやわらいでいきます。それに事前に縄以外のもので拘束プレイをもう楽しんでいるのですから、拘束プレイ自体の魅力はすでに知っているはずですからね。ただ縛るのが縄にかわるだけだよ!雰囲気の問題だから!と、ゴリ押ししてしまえば大抵の女性はうなずいてくれるものです(笑)

それでOKをもらえたとしても、いきなり血気盛んに全身を縛り上げるなんてのはしてはいけません!何事もまずは段階というものがありますからね。まずはいきなり縛るのではなく、縄を触らせてあげてください。縄の感触であったり匂いといったものを実際にふれて感じさせることで、縄に対する恐怖感や抵抗感をやわらげるところからはじめましょう。

いよいよ縄で縛りましょう!

そんな縄との遭遇を経てようやく縛る段階に入るわけですが……まだ体中を縛り上げるのはNGです。まずは手首や足首といった基本的な部分から、部分的に縛り上げるだけにとどめておきましょう。初日はそれだけで終わることをオススメします。手首足首を縛ったからじゃあハイ次ね!と矢継ぎ早にあれこれと縛り上げたとしても、女性としては困惑する一方で縄に対しての恐怖心がまた芽生えてしまうかもしれません。急なステップアップというのは望ましいものではありません。

まずは手首足首だけを縛るプレイを2~3回やったあとに、いよいよ胴体に縄をかけることにしましょう。どう縛られるのが好きなのかはその相手によりますが、大きく分けてキツめに縛られるのが好きな人、ユルめに縛られるのが好きな人、というのがいます。まだ相手がどっちが好きなのかわからない、という段階であればどっちも試してあげましょう。そのうち、自分にしっくりくる縛られ方というのがわかってくるはずです。

ただ、ユルめのときはまだしもキツめに縛るときは注意してくださいね。相手にとっての耐えられないボーダーラインというものを超えないように、少しずつキツめにしていって徐々にその限界に迫るというのがオススメです。どちらかが初心者、あるいは両方が初心者であればきちんと言葉でのコミュニケーションをとり、大丈夫?痛くない?といった声掛けをかかさずに。

きちんとこういったコミュニケーションがとれていれば女性にとって縄への恐怖心というのはだいぶ和らぎます。段階を踏むことで少しずつ縄と仲良くなっていくというイメージでしょうか。女性にとってもゆっくり少しずつ進むことはいいことですし、男性にとってもメリットが有る場合があります。

それはいきなり手慣れた様子で縛り上げた場合「この人、以前にも他の女性にこんなことしてたってこと?」といらぬ不信感を抱かせてしまうケースもあります。SM出会い系で出会った男女であればこのような心配は不要ですが、一般的なカップルの場合ですと思わぬ火種になることも……?

女性にとっての緊縛とは

ほとんどの場合、緊縛の対象となるのは女性です。では、その女性がもつ緊縛というものはいったいどのようなイメージなのでしょうか?男性からすれば緊縛プレイというのは相手の自由を奪って征服した証でもあり、性的にもフェチとしてたまらないといった直感的な部分がありますが、SMにさほど縁がない一般的な女性にとっては確実に抵抗感をいだきます。

緊縛からハードなSMを想像し、天井から吊り下げられたりひどい仕打ちをうけたりするんじゃ?という不安がまずきますし、そうでなくても時代劇などでは罪人を縛り上げて石を抱かされて悲鳴を上げるといった、拷問につかわれる道具のひとつ、といったような認識をもつ人も少なくありません。

プロの緊縛師が縛り上げたステージ上の女性や写真作品というのは美しく、そういったSMに偏見のある女性に見せても多くは美を感じ取ってくれるものなのですが、なかなかそういったモノは自ら率先して探さないと目にするものではありませんからね。

時代劇などは子供の頃に親や祖父母が見ていたのを一緒に見ていた、なんて人も多いことでしょう。それに子供心に罪人に対して拷問を行うシーンというのは強烈でトラウマになっている人もいるかもしれませんからね。

なので、まず大事なことは縄に対する恐怖心や先入観をいかに取っ払うか、というところからはじめることです。そのために縄以外の柔らかいヒモやネクタイ・ストッキングなどで拘束するところから始めて、拘束プレイは怖くないよ、楽しいものだよ、というすり込みから始めるべきなのです。

また、中には緊縛プレイに憧れているという女性も稀にいます。そういった女性たちは性的なプレイとして緊縛プレイを見ているのではなく、緊縛師によるステージ上の演出であったり被写体としての美しさといった芸術面から興味を持つ人も少なくありません。

そういった人たちはあくまでも緊縛そのものが目的だったりするものです。私もあんな風に美しく縛って欲しい、芸術作品として私を撮ってほしい、といった願望なわけですね。なので緊縛をしてからの性的なプレイというのには興味が無い……なんて人もいるわけです。

じゃあそんな人を縛ったとしてもつまらなそうだな……と思うかもしれませんが、そういった芸術面から興味をもった女性たちを、性的なM奴隷として引きずり下ろすといった楽しみをもつ男性も多いのです。事実、わたしも何人かそういう女性とSM出会い系を通じて知り合いましたが、そういった女性たちを堕としていく楽しみというのはたしかに唯一無二のもので非常に今も記憶に残っています。

芸術的な緊縛が好き、という意識高いM女を性奴隷にしよう!

SM出会い系の掲示板には、縛って欲しいです!という女性が多くいます。世間一般からすれば芸術面のSMに興味をもち、自分もそんな作品の女性みたいに縛られてみたい……と思うような女性は何百人かに一人と言った具合でかなりレアな存在であることは間違いありませんが、なにしろここはSMを専門とした出会い系。そんな何百人に一人の女性が全国からこぞってこの出会い系に集まったとしたらそれは数千人規模になるわけですから、募集だってひっきりなしです。

そういった女性に対しては性的な空気はいっさい匂わさずにメールをするのがコツです。なんならセックスは抜きで、と事前に伝えておくのも安心させるのでプラスになるでしょう。え、でもセックスなしで縛るだけ縛っておわりなんて慈善事業じゃないか……と思うかもしれませんが、ほとんどの場合はセックスなしで終わることはありません。

芸術面から興味があって縛って欲しいという女性をいざ縛ってみると、最初は実に淡々と受け入れるものです。服の上から縛って欲しいという人もいれば、いきなり裸から縛って欲しいという人もいます。愛撫をするわけでもないのでただただ縛られるのを受け入れて、いざ完成したところで鏡の前に立たせてあげましょう。

すると、急にスイッチが入ったかのごとく顔色や表情が変わります。これは、いままできれいだと思っていて眺めていた他人の緊縛写真と同じようにされた姿を見ることで、同じように美しく縛られている……!と思うよりも先に、まずは恥ずかしいという羞恥心がおそってくることがほとんどです。見るとやるとでは大違い、とはよくいいますが、まさにこれもそのパターンですね。

しかもその羞恥心というのはこれまでの人生の中で1・2を争うほど……あるいは人によってはぶっちぎりでもっとも恥ずかしい、羞恥心を覚える体験かもしれません。そんな体験をすることで自分の中のナニカが変わってしまうのでしょう。

アートとして、芸術として緊縛が好きで性的な興味はほとんどなかった女性であっても、実際に緊縛体験をするとそんな建前のようなものは一瞬で吹っ飛んでしまうほど縄による緊縛というのはパワーがあるのです。

そのスイッチが入ってしまえばもうこちらのものです。なにしろすでに緊縛済みなわけですからね。服を着ていた状態で縛って鏡を見ても反応がいまいちなのであれば、裸でやってみる?と提案してみましょう。その女性が見てきて憧れてきた緊縛画像というのはやはり裸のものが多いでしょうから、そっちへの興味がまされば受け入れてくれるものです。

あとは「せっかくだから続きをしてみる?」といった感じで提案をしてみれば、そんな状態できっぱりと断れる女性というのはほとんどいないことでしょう。なにしろ精神は興奮・高揚しきっているわけですから正常な判断なんてのはできるわけがないのですから。

そこでSMセックスを仕込んでしまえばあとはM奴隷として好きに飼うことができます。

芸術としてのSMに興味があります!という女性はSM出会い系においては人気がありません。なにしろ男性としてはやっぱりセックスをして射精をしたいわけですから、SMに芸術性を求めている女性は面倒くさそう、という理由で回避されてしまいがちです。

だからライバルもいなくてかなりの確率でゲットすることができますし、なによりそういった芸術としてのSMに興味を持つ女性というのは美意識が高いことが多く、一般的な女性のレベルとしてもかなり高い部類……つまり美女である可能性がとても高いのも特徴のひとつです。私が今まであってきた中でもブスの範疇にある人は一人もおらず、総じてみな学校のクラスにいたら間違いなく3本の指には入りそうな容姿の子ばかりでした。

なので、SM出会い系でそういった芸術としてのSMが好き、とプロフィールに書いているような女性は非常に狙い目ですし、こちらも「芸術としてのSMが好きな女性で、実際に縛られてみたい人はいませんか?」というような書き込みをすればあとは相手からホイホイとメールをしてくれるものです。

これはまだあまり知られてない穴場スポットでもありますので、ぜひ興味のある方は実践してみてくださいね。いい思いをできるのはまず間違いないと言えると思います(笑)