図解でわかる!縄の扱い方と具体的な縛り方の方法

20140427212910551_15s

SMプレイと縄による緊縛プレイというのは切っても切れないスタンダートなプレイとして初心者から上級者までほとんどのSM愛好家に親しまれているプレイです。一般的なSMのイメージとしてもまずは縄で縛られているところを想像するひとが多いと思いますし、実際のSMプレイにおいても縄やヒモで拘束するというのは基本的な土台としてごく日常的に用いられているプレイです。

緊縛プレイというものは、縛ることそのものが目的という場合は実はあまりありません。あくまでも緊縛し、拘束することで別のプレイ……たとえば羞恥系であったり、ムチやロウソクといった苦痛系であったり、そういった別ベクトルのプレイの中身をより向上させるために拘束を用いる、といった感じに使われています。

いわばSM界における調味料のようなものですね。同じプレイをするにしても、その縛り方ひとつで甘口になったり、あるいは辛口になったりと、いろんなスパイスで味付けを変えられるプレイなのです。なので縛り方を多くしっていれば、それだけレパートリーや味付けがふえて、同じ食事を提供するにしても飽きられない、より満足させることができるようになるわけです。

とはいえ、だからといって見よう見まねで緊縛をとりあえずやってみる!というのはとても危険です。言うまでもありませんが、SMプレイ中の事故を誘発する原因となるのはほとんどがこの緊縛による拘束状態にあるからです。

無理な体勢のまま縛ってしまったり、関節の部分をきつく縛ってしまったり、あるいはもともと縛り方が間違っていて変な方向に身体が曲げられてしまっていたり……。そんな状態のままSMプレイをすることで、身体には負担がかかり続けますし、そんな状態で快楽や苦痛を感じて反射的に身体がぐいっと動いてしまった場合、神経や骨に損傷を与えてしまうことが考えられます。

実際問題としても、SMプレイ中に骨折をしてしまったり、神経を傷つけてしまったりといった事故はよくありますし、そのほとんどは緊縛状態であったとも言われています。縛られる側は身体の自由が効かなくなりますから、反射で反応してしまったものにたいしては気をつけようが無いですからね。

そして、縛られた状態で「あれ、これなにかヘン……?痛いかも」と違和感を覚えてはいても、プレイ中の空気に水をさしてはいけない、といった気遣いから言い出せないケースもよくあるそうです。

なので縛る側はきちんと正しい縛り方を学ぶとともに、縛る最中や縛り終わったあとには「どこかおかしなところはない?大丈夫?」と気遣う姿勢を見せてあげてください。緊縛はプレイそのものでもありますが、本格的なSMプレイにはいるまえの助走であったり準備体操のようなものでもあります。プレイ中は厳しい態度で臨むというご主人さまであっても、正しくしばれているかどうかの確認は丁寧にすることにしましょう。

具体的な縛り方と縄の扱い方については長くなりますので、別ページにそれぞれまとめる形にしました。初心者であれば1から順に、特定の縛り方だけを学びたいかたは目的にそってご利用ください。

図解でわかる!緊縛方法の紹介と練習法

おすすめSM出会いサイト

 調教マニア-SM即愛クラブ
おそらく、日本で一番会員数が多いサイトなのではないでしょうか?とにかく初心者から上級者、ソフトSMからド変態プレイまで幅広い層で賑わっており、24時間常に掲示板投稿が賑わっています。店舗のSMクラブやサークルなど知り合った人と話すときでも良く名前があがるサイトですので、SM界におけるYahoo!のような、まさに定番サイトといった言葉が似合う超大手サイトです。

 主従誓約書
なんといってもM女を探すならココ!「M女探し」という目的に絞ればココより適したサイトはありません。それくらい圧倒的にM女が探しやすいです。なにしろ、SM業界ではM女とS男の比率というのはおそらく7:3くらいでM女のほうが断然多く、S男というのは常に供給が足りずに無条件でモテモテになってしまうほどなのです。慣れたS男の人であれば5,6人のM女を常に抱えているなんてことも珍しくありません。そういった男の夢が実にあっさり叶えられるかもしれないサイトといえます。

 主従誓約書
こちらは上記2サイトほどメジャーではありませんが、私が個人的にいま一番ハマっているサイトです。より深いSMの世界を求めている人にオススメしたいですね。ただ単に性欲処理としてのSMプレイではなく、精神的なつながりを求めているワンランク上のSM出会いが欲しくなった人にはこのサイトが最適です。初心者のかたにとっても、ここの掲示板は必見ですよ。実に官能的なハイレベルな投稿が毎日行われていますので、それを見るだけでも実にSM欲が刺激されて勉強になります。