SM出会い系サイトのメール内容はいつも同じで良い

SM出会い系サイトのメール内容はいつも同じで良いんです。

もちろん、ソフトSMなのかハードSMなのかなどに合わせて一部を変更したりする必要はあります。

しかし、おおよその流れはいつも一緒で構いません。

というか、いつも一緒でなければならないのです。

なぜなら、そのメールをだんだんレベルアップさせていく必要があるからです。

わたしも、SM出会い系サイトを始めた当初のメールを見直すと、ひどいメールでした。いきなり「M奴隷を探している」みたいに上から目線だったり、誤字脱字があったり、自己紹介をきちんとしていなかったり。

だけど何度も何度も似たようなメールを送っていくうちに、メールの内容がどんどん洗練されていきます。

どういうメールを送ったら、ヤリトリがスムーズになるか。どういうメールを送ったらデートに誘えるかがわかっていくのです。

こうなったらこっちのものです。あとは、順番通りに、いろいろな女性にメールを送り、同じようなヤリトリをし、同じようなデートをしてSMセックスに持ち込むだけです。

大切なのは、この一連のプロセスをどんどんブラッシュアップさせていくことなのです。

このプロセスさえ完成したら、もうあとは自分が機械になったつもりで単純作業を繰り返してください。

こういうSM出会いのプロセス化にはメリットがたくさんあります。

  • ミスが減る。
  • 短い時間で済む。
  • 成功率が上がっていく。
  • 労力が小さくなる。

などなど。

そして、これって、仕事に似ていると思いませんか?

アナタの会社にも、業務プロセスを単純化している部分があるのではないでしょうか。

そうです。もしもアナタがビジネスマンだとしたら、業務プロセスの単純化をSM出会い系サイトに活用すれば良いのです。


SM出会いを成功させる方法【決定版】

さて、このブログを読んでいる人のなかには、一生懸命出会い系サイトでM女をゲットする方法を学んでから、SM出会い系サイトにトライしてみようと思っている方がいることでしょう。

あなたたちには、二つの道があります。

  1. どんな女性もたちどころに落とせるテクニックを身につけてからSM出会い系サイトにチャレンジするという道。
  2. まずはチャレンジしてみて、その試行錯誤から、M女をゲットする方法を模索する道。

もちろん正解は2つめの道ですね。

「どんな女性もたちどころに落とせるテクニック」は、実践をしないで身につけることは絶対にできません。

しかし、トライを繰り返せば、絶対に便利なM女をゲットすることはできます。

彼女たちが何を求めているかは実践のなかで徐々にわかってくるのです。

もしも、いままで、M奴隷を持ったことがないのなら、そしてチャレンジしないのなら、これからの人生も同じ人生を歩み続けるだけでしょう。

チャレンジすることで、SM出会いは開けてくるのですから。

SM出会い系サイトの成功ってどういったイメージですか?

私は100人にメールして10人から返信をもらって、3人と会って、そのうちいちばんいい女をM奴隷にするっていうイメージです。

これって大成功だと思いませんか? しかし、そのためにはトライしないといけません。

百発百中になるまで、チャレンジしない人生を今日も歩みますか?


女性としてSM出会い系サイトに入会してみることをオススメします。

女性としてSM出会い系サイトに入会してみることをオススメします。

女性として入会すれば、すくなくとも、そこがサクラばかりではないということがわかります。世の中には一般の女性会員のメールが男性に届かないようになっている出会い系サイトも存在するので注意してください。

さらに、どんなメールがダメなのかがよーくわかるようになります。

わたしが女性としてSM出会い系サイトに入会したところ、ひどいメールがたくさんありました。

誤字脱字

まずは、誤字脱字の多いこと。全体の30%くらいは誤字脱字のあるメールでした。

鞭に興味はありますk?

などの変換間違い。

今度、よかったらいろいろ離せるとうれしいです。

などの同音異義語の間違いなど。

せめて、送る前にメールを見返してはどうでしょう。

何通かメールを続けていれば、たまに間違いがあるのはしかたありません。

しかし、1通目から間違っていたら、わざわざその人にメールを返そうとは思いませんね。

短すぎる

もしよかったら返事ください

だけ。

こんにちは。SM好きですか?

だけ。

こんなメールを送る男性がいるんです。信じられますか?

たしかに、長いほうがいいとは限りません。しかし、こんな、どうせコピペであろう短文メールにわざわざ女性が労力をかけて返事を書きたいと思うでしょうか。

上から目線・横柄

○○日に会える?

など、いきなりの指定。

おい雌豚。

いきなり悪口。

こんな男性が本当にたくさんいるんです。逆にいうと、普通のメールを出していれば、男性の上位10%になることができます。

いやあ、世の中、バカな男たちばかりで私たちはラッキーでしたね。

絵文字ばっかり。

まあ、多少は許させるのかもしれませんが、30代40代のいい大人が、大量の絵文字を使うのは、気持ち悪いと思う女性が多いようです。

すくなくとも、「この人は絵文字が少ないからイヤだ」なんて思う女性はあんまりいませんから、多用しすぎないようにしてください。

名前がださい。

ありがちなのは、「タケちゃん」みたいに、自分でちゃん付けしている男性。40代に多いですね。こういうジジイは気持ち悪いものです。気をつけましょう。

また、「夜のSM帝王」みたいなサブイ名前もやめてください。実際に会った時に、そういうふうに呼ばせるつもりですか?

直メできる?

1通目からいきなりこれで、メールアドレスを教えてくれるわけはありません。女性は、出会い系サイトを不安に思いながら使っているということを考えてください。


SもMもOKだったら、かならずS男としてもM男としても両方登録してください。

SもMもOKだったら、かならずS男としてもM男としても両方登録してください。

その際には、メールアドレスを2つ作ることをお忘れなく。メールアドレスをS用とM用にわけてもいいかもしれませんね。

それだけで、出会いのチャンスが倍に広がります。

さらに、リバ(SMどちらも可能)なのであれば、3つ目のアカウントを作ることもオススメします。

ちなみに、リバっていうのは、もともとタチとウケの両方でイケるという意味の同性愛者用語でしたが、最近はSMでも使われていますね。

リバというのは、それほど需要があるわけではありませんが、いざそういう男性を探している女性からしてみたら、なかなか見つからないものなので、マッチングしてしまえば話が早い。他に選択肢がないのだから、会うまではとんとん拍子ですすむものです。

ただ、リバを声高にいうと、複数のパートナーがいるのでは? なんて思われて、性病を警戒される場合もあります。

性病検査はクリアしていますよ、ということをアピールしてポジではないことを主張してください。


援助交際からというSM出会いもアリ

最初は援助交際からというSM出会いもアリです。

わたしは、援助交際をしていた女性をM奴隷にしたことがあります。

女性の中には「完全にお金のため」という女性もいれば、「いちおうお金ももらっておくかな」という女性もいます。

もちろん狙うべきは後者。

とくに、SMプレイに自信があって、相手をぜったいに絶頂に導けると思っているのなら大チャンス。

向こうが絶対にまた会いたいと言ってきますよ。

そうなったら次は「本番しなくていいからちょっと安くして」って言うんです。

でも実際にプレイに入って、じらしていれば、向こうから「入れて!」って言ってきますよ。

「でも入れない約束でしょ?」なんてこっちから言ったら、いつのまにか立場が逆転します。

向こうが「お願いして入れてもらう立場」に成り下がってしまうのです。

こうなれば、完全M奴隷への調教までもうすこし。

最終的には呼べばすぐ来る肉便器となってくれます。


ネット出会い系サイトでM女の地位はとても高い

実際のSMプレイとは違ってネット出会い系サイトでM女の地位はとても高いんです。

なぜなら、1人のM女に多数のS男が集まるからですね。

M女は数多くのS男のなかから1人を選別します。

そこを誤解して、最初から命令口調でメールをしたりしたら、ぜったいにM女を捕まえることはできません。

相手のプロフィールを見て、相手の人間性を確かめて、相手に合ったメールを送ってください。

きちんとした社会人であることをアピールするために、誤字脱字なく、ていねいな文体で書いてください。

とにかく普段は温厚な真摯であることをメールの内容からかもし出す努力をしてください。

世の中のSM出会い系サイトにいるS男の90%以上は、どうしようもないようなメールを送るダメ男です。そのなかで、多少なりともまともなメールを送れば、返信が貰える確率はかなり高いのです。

M女の方も、「なかなかいい男がいないなー」って思いながら、SM出会い系サイトを利用しているのです。

S男とM女の立場が逆転する

ところが、こんなふうに女性有利の状況であっても、1度でもSMプレイをしたら、いっきに立場が逆転します。

M女からしたら、いろいろな不安があるので、信頼できるS男を手に入れたら、もう手放したくないんです。

そうなれば、何でもいうことを聞くようになります。

  • ノーパンミニスカで待ち合わせに来い。
  • バスの後部座席でフェラしろ。
  • 電車で痴漢プレイさせろ。

とにかくありとあらゆる融通が利きます。

たしかに最初はちょっと大変ですが、一度そうなればパラダイスです。M女奴隷を手に入れるべくがんばってください。


苦痛系の入門としてはスパンキングがオススメ

スパンキングとは、簡単にいうとお尻を激しく叩くことです。特に、バックで挿入しながらスパンキングを行う、というのが一般的ですね。特にSMを意識していなくても、興奮してつい叩いてしまった、みたいな経験がある男性も多いことでしょう。度合いにもよりますが、わりとメジャーなプレイといえます。

ただ、SMプレイにおけるスパンキングというのは、かなり激しい行為を指します。それこそプレイ後は女性のおしりが真っ赤に腫れ上がるほど、激しく叩く人もいます。

10yjukiuiuji5410

こちらの画像もだいぶ激しく叩かれていますが、まだマシといえるほかもしれません。スパンキングというのは特に欧米で盛んな行為で、狩猟民族の激しい気性がそうさせているのかもしれませんね。

日本でも、海外製アダルトビデオが輸入され始めた頃から徐々に広まってきており、いまではごくノーマルなアダルトビデオにおいても、ソフトなスパンキングシーンがあったりするので、真似して行っている男性も多いとは思いますが、本場のスパンキングというものはけっこうエグかったりします(笑)

スパンキングは熱帯魚におけるグッピーのような、そんな存在

そういった知名度的な面でも、入門にはスパンキングがオススメですね。バックでの挿入時であれば当然快楽は感じてしますし、快楽と苦痛を同時に処理しようとすると脳が混乱しますので、なにが起こっているかわからないけど気持ちがいい、という一種の錯乱状態に陥ることも、快楽が増すその理由といえるかもしれません。

ちなみにですが、スパンキングを受けると膣の締りが良くなるケースが多くあり、男性側にとってもメリットはあります(笑)大事なのは、常に快楽を与え続ける、もしくは苦痛と快楽を交互に与えることです。バックでハメている最中に、女性側の反応が良くなってきたら、まずはグッとお尻を強く掴んでください。この時はまだ、爪を立てたり叩いたりしてはいけません。

ぐっと掴むと、自然とアナルが丸見えになる構図になると思います。それを女性に意識させるためにも「いま君のアナルが丸見えだよ?」と羞恥心を煽るように告げるのがいいでしょう。そして腰のピストン運動に合わせるように、強く掴んだりゆるめたり…軽く爪を立ててみたり、優しくなでてみたりと、いろいろな刺激を与えてあげましょう。

そして反応が良好であれば、徐々に強めていってください。この時点で、女性側の快楽は相当に高まっている可能性が高いです。普段のバックハメからは伺えない反応があったのならば次の段階です。

ここからがやっとスパンキングの解禁です。待ちに待った、ともいえるでしょう。ただここで気をつけたいのは、その叩き方。絶対にNGなのが、お尻に手を打ち下ろすように叩きつけて、そのままお尻に手を置いたままになる叩き方です。これだと表面的なスパンキングの痛みよりも、打ち下ろした衝撃がドスンと内部に伝わってしまい、思った以上の痛みを与えてしまいます。

知っておきたい、スパンキングのコツとは

スパンキングのコツとしては、必ずお尻を叩いた後はすぐに手を離し、手首を返すように軽やかなスパンキングを心がけましょう。お尻とハイタッチをするような感覚ですね。これが上手になると、大きく派手な音がするものの、痛み自体はそれほどでもなかったりします。

ただ単調に叩いたり、腰を振っているだけではダメです。叩いた後はそっと指先でなでてあげたり、腰の振り方にも緩急をつけて激しくした後はピタっと止めて、その後クリを刺激しながらゆっくり再開したりなど…。この辺は普通のセックステクニックにも通ずるものがありますが、単調になってしまうのは避けましょう。

スパンキングに大事なのは強弱と緩急。その二つを意識して続けていれば、彼女はあっという間にスパンキングの虜になってしまうことでしょう。


苦痛が快楽になる、その仕組みとは

当たり前の話ですが、人は苦痛を感じることを嫌がります。誰だって殴られたくないし、首を絞められたくはないですよね。それを続けられたら生命の危機に関わるということを知らせるためのサインとして苦痛があるわけですから、誰だってそんな思いをしたくないのは当然です。

ですが、実際問題として苦痛系のプレイを好き好んで行っている人は多数います。芸能人でもMプレイをこよなく愛する人は多く、有名ドコロではダウンタウンの松本人志、有吉弘行、千原ジュニアなどはMプレイ大好きを公言しており、都内のSMプレイを楽しめるお店でよく遊んでいるそうです。

特に松本人志のMプレイ好きは尋常ではなく、女王様キャラとして売り出し始めていたにしおかすみこが取材としてSM店舗を回っていた際、ほとんどのお店で松本人志は常連客だったそうです。そのお気に入りのプレイを聞いたところ「絶対服従 監禁便器コース」というめちゃくちゃハードなものだったため、にしおかすみこはドン引きしたとか(笑)

このように、ハマる人はとことんハマってしまうほどの魅力が苦痛系プレイにはあるわけです。では、なぜ苦痛が快楽になるのか?一般的にはなかなか理解できないかもしれませんが、きちんとした理由や仕組みがあるのです。

SMプレイにおける快楽はセックスのそれとは全くの別物

セックスは気持ちが良いものです。これについて異論を唱える人はほぼいないでしょう。みんなだいすきですよねセックス。なぜ好きかといえば、やはりしていて気持ちが良いからでしょう。そこに快楽が伴うからですね。

SMが好きというひとも、基本は同じことです。そこに快楽を見出しているからですね。ではなぜ、痛み・苦しみ・恥ずかしさ・辛さ、といった日常生活においてはできるだけ受けたくない、快楽とは真逆にあるものを求めるようになるのか…。それはまさに、快楽とは真逆にあるからこそ、快楽へと繋がるわけです。

例えば、冷えきった手で人肌に触れると、とても暖かく感じますよね。でも常温の部屋にいる時に人肌に触れても、ほんのり暖かく感じるだけです。同じ人肌に触れるという行為でも、直前まで置かれていた状況で感じ方というのは大きく変わってくるのです。

苦痛が快楽に変わるその仕組みも同じことです。痛くて苦しい思いをした直後に快楽を受けると、ただ普通に快楽を受けるよりも何倍も気持ちよく感じるのです。

試しに、自分の太ももやお尻をベルトかなにかで数発叩いてみてください。当然、痛いですよね?ヒリヒリしていることでしょう。では、その部分を指先で優しくそっと触れてみてください。なんだか敏感になっている部分にそっと触れるものがあると、それだけでビクっとしたり気持ちよく感じませんか?苦痛系プレイが快楽に変わるのは、基本的にはこの原理を応用しているからです。

苦痛系プレイを始めたいのであれば…

まずはこの原理をパートナーに説明してあげてください。先ほど自分でしたように、軽い苦痛を与えた後に、たっぷりと愛撫をしてあげて快楽を覚えさせてください。それを続けることで、「苦痛の後には快楽が来る」ということを体に覚えさせることが出来ます。これはまさに調教といえる行為ですね。

大事なのは、ゆっくりと根気強くし続けることです。焦って無理に先を急いでしまっては、快楽を覚える前に苦痛だけを感じてしまい、もう痛いのはヤダ!といった風に拒絶されてしまいかねません。調教というものは時間がかかり、根気がいるものです。S側に求められるのは、まさにこういった忍耐力なのです。


苦痛系プレイの際に気をつけたいこと

ひとくちにSMといってもいろんな趣向があります。よくいわれるのはソフトSMとハードSMですが、そのハードのSMの中にもいろんなジャンルがありますからね。そこがSMの面白いところでもありますが、同時に大変なところでもあります。おおまかにハードSMのジャンルを挙げてみると…。

  • ムチ打ち
  • ロウソク責め
  • 針責め
  • 水責め
  • 三角木馬
  • 性器・顔面踏みにじり
  • 人間便器(強制スカトロ)
  • 荒縄での緊縛
  • 吊るしプレイ
  • スパンキング
  • フィストファック
  • 首絞め

などなど…。細かい部分をあげればまだまだこの何倍ものプレイがあると思います。パッと見てもらってもわかると思いますが、そのほとんどが肉体的に苦痛を伴うものであり、それがハードSMプレイになっているのが特徴ですね。

ソフトSMであれば目隠しだったり、言葉責めだったり、柔らかい布での緊縛プレイだったりと、苦痛を伴うプレイはほぼありません。なのでソフトSMでは物足りなくなってきた人たちがハードに移行することになりますので、自然と苦痛を伴うプレイばかりになるわけですね。

なので、もしSMそのものは未経験だけどソフトなんて生ぬるいことはすっ飛ばしていきなり苦痛系にチャレンジしてみたい!という人が居たとしても、そこは順序を守ってまずはソフトから始めることを強くおすすめいたします。ソフトSMというものはすべてのSMプレイの土台になっておりますので、基本をおろそかにすることは仕事でも、趣味でも、学問でも、なんにしたってNGなのですから。

苦痛系プレイは双方の同意が必要です

気をつけたいのは、パートナーのどちらかだけが苦痛系をやりたい!と思っていても、もう片方が乗り気でなければ絶対にすべきではないということですね。当たり前ですが、SMプレイというのは双方の合意のもと行うのが鉄則です。特に行為を行うS側がしたいからといって苦痛系を強要してしまっては、それはSMプレイではなく単なる暴行罪に成り果てます。絶対に避けましょう。

とはいえ、乗り気でないパートナーをどうにかして説得したい…という感情は当然あることと思われます。そういう場合は、まずは相談することです。それで具合を見つつ、試しにやってみない?という感じで誘ってみるといいでしょう。

ただ、Mっ気があるからといって苦痛系にも適応があるかといえばそうとは限りません。むしろ苦痛系で快楽を感じれるようになるMというのは一握りの存在です。そのステージまで引き上げられるかどうかというのはS側の技量や経験にもよってくるのですが…ここで焦って無理をするようなSにはならないでくださいね。


世の中にM女が少なすぎて出会えないのは本当か?

世の中にM女が少なすぎて出会えないという発言を目にしました。果たして本当でしょうか。

私の長年の経験からいうと、M女はそれなりの数が存在すると確信しています。

それではなぜ、なかなか出会えない男性がいるのか。

それは、一部のS男性が、何人ものM女性を抱えているからなんです。

これは一種、普通の恋愛にも似たところがありますね。一部のモテる男性が、多くの女性と付き合うがために、他の男のところに女がまわってこないという具合に。

しかもSMという関係の場合、M女自身が、パートナーは自分だけでなくてもいいと言ってくれる場合さえあります。

S男の熟練者は非常に重宝されるので、かならずしもパートナーと1対1の関係を望まないのです。これは、一部の男性にとってはパラダイスですね。私もいまだ志半ばですが、なんとか、できるだけ多くのM女を抱えられるように日々努力をしています。一度成功してしまえば、M女はなかなか自分から離れていかない。しかも、自分が2番目3番目の女だとしても、それを甘んじて受け入れる。

これほど魅力的な世界があるでしょうか。