退屈な二流のM女を、極上のM女に育て上げよう!

smkergzo001039SMプレイをこれまで一度も経験したことがなく、自分自身がSかMかどうかよくわかってない……という人の多くは「自分はどちらかといえばMかもしれないな」と思っていたりするものです。

なぜ自分をMと思うか?といえば、それは消去法なんですよね。「自分はSではないだろうから、じゃあ残ったMなんだろうな」という消極的な選択でMを選ぶ人がほとんどなのです。

初心者だったり始めたばかりのM役というのは、すべてが受け身になってしまいがちです。相手がしたいことのすべてを受け入れることが私の役目であると。それこそが愛のカタチであると。そう思い込んでしまうものなのですが、実はそれって大きな過ちです。

ノーマルなセックスにおけるアクセントとしてのSMプレイならそれでもいいかもしれません。でも、SMプレイをちゃんとやりたい!もっとSMを楽しみたい!というのであれば、M側の意識改革というのはとても大事なことになってきます。

なにせ、カジュアルなM女というのはそのほとんどが積極性に乏しいのです。ただ、ひたすらになすがまま、されるがままにされるだけ。

そんなM女を相手にしていても、すぐに飽きてしまうんですよね。この手の「つまらないM女」は自由を奪われたり、強引にされたり、ちょっと乱暴にされてみることで自分自身の居場所を確認したいだけなんです。

こんな私でも必要としてくれる人がいるんだ……と、思うだけで満足してしまう。だから、なすがまま、されるがままになっている時点でもうゴールなんです。それ以上の発展はありませんし、望もうという発想がないのです。

いわば一方通行のSM行為なんですね。S側はしたいことができて嬉しいし、M側も乱暴にされることでいつもとは違った快感を味わえる。

初心者同士であれば、お互いに満足はしているかもしれませんが、お互いの目指す方向性は決して交わることはありません。言うなればお互いを利用し合ったオナニー行為といったところでしょうか。

もっとも、初心者や入門したばかりの人はそれでもいいんです。まずは難しいことをあれこれ考えずに、SMプレイって楽しい!気持ちいい!と実感してもらうためのお試し的なプレイと思えば決して否定はできません。

でも、その時点で満足してしまい同じレベルのことをずっと繰り返すというのは、私からしたら実にもったいないなと思ってしまうわけです。ちょっとした工夫をするだけで、「つまらないM女」を「極上のM女」に育て上げることが出来るチャンスがあるのですから。

いいM女を育てる方法はいくつかありますが、今回はその中でももっともオススメな方法を紹介したいと思います。

M女を育てるためには、S側の立場に立たせてみる

では、具体的にどう育てればいいのか?S側のプレイの引き出し方次第ではS側のチカラだけでうまく導けるかもしれませんが、私はまだそこまでの技量に達していないので……M女側の協力が必要になってきます。

よく使う手というのは、M女にS側の役をさせてみることをしています。完全に主従が逆転するのではなく、あくまでプレイの一環として「S側の役をやってみろ」という命令を下すわけですね。

そうなれば命令なので断るわけにもいきませんし、たとえおぼつかなくて恥ずかしくても命令だからやらなきゃいけない……と、うまくSMプレイとして変換してくれますので、入り口としてはちょうどいいと思います。

もちろん、最初はうまくいかないでしょう。なにせこれまでずっと受け身でなにもしなくても相手がなにかをしてくれる、という状況に甘んじてきたわけですからね。

でも、そういった困惑や戸惑いがのちのちになって生きてくるんです。S側ってこんなに大変だったんだ。私はただこの人に甘えていただけなんだ、と気付かされるわけですね。

S側になってみて初めてわかることはたくさんあります。中でも「相手のことを隅々まで、一挙手一投足を観察しなければうまくできない」という発見ができたM女はいい女に育つことでしょう。

その視点を持つことで、今までは決して交わることのなかったお互いの目指す方向性が、交差するようになるんです。一方通行でしかなかったSMプレイが、双方向になることでほんとうのSMプレイへと進化するわけですね。

もっとも、これを経ることでSの楽しさに目覚めてしまう……という本質的には実はS女だったという人も結構いました(笑)ただ、S側をやれる人というのは実はM側も大好きだったりしますからね。

S側の苦労を知っているからこそ、M側になったとしてもS側の求めていること、したいことを瞬時に察知して、それに合わせて臨機応変に動いてあげられる……。まさにS側にとっても理想のMといえるでしょう。

S女に目覚めるまでいかなくとも、立場が逆転したことで擬似的とはいえM女に調教されてるご主人様の姿に自分を重ねてゾクゾクし、上手くS役が出来たらご主人様も「よくもやってくれたな」と普段以上に激しい調教をしてくれるからS役も頑張る!……というM女もいるそうですから。そんなM女に当たったら一生大事にしてあげたいくらいのいい女といえますね。

S役になるためには「相手が気持ちよくなることで自分も気持ちいい」という奉仕の心が欠かせません。Mはどうしても「自分さえ良ければいい」といった独りよがりで自分勝手な気持ちになってしまいがちですから、相手のことを思いやる気持ちを育ててあげることが必要です。

そういった密度の濃い関係をもつことができると、日常生活も非常に充実してきます。SMプレイという非日常行為を存分に楽しむことで、日常生活にもメリハリが出てくるのです。

日常生活があるからこそ、非日常行為のSMプレイが際立つんだ、と考えるようになると、日常生活をよりがんばろうという気持ちが自然と芽生えてくるわけですね。

SMプレイというのはただ激しくアブノーマルなセックスというわけではありません。変態プレイだなんてのは表面から受ける印象なだけであって、精神的にとても満たされて人間としても成長できる、そんな素晴らしい行為だと私は思っています。

私も最初はたかが出会い系で会った女と信頼関係だなんてアホらしい……なんていう、ちょっと見下したといいますか、そんな偏見を持っていたのですが、今ではそれが大きな過ちであり愚かだったと思っています。彼女たちから学ぶことは多く、得たものも大きかったです。

今の時代、SM出会い系を利用すればそういった相手がすぐに見つかるというのは本当に恵まれた時代になったものですね。

私はどちらかといえば遅咲きのほうだったと思いますが、もっと若い頃から始めていれば……もっともっと違った人生を歩めていたろうなとたまに後悔することもあります。

でも今の時点でそれに気づけているだけでも幸せだと思うようになりました。もし、数年前のあの日にちょっとした興味本位からSM出会い系に登録することがなかったら、今の充実した日常は絶対に有り得なかったのですから。

SMを始めるのに年齢も容姿も体型もなにも関係ありません。必要なのはSM行為をしてみたい!という気持ちさえあればいいのです。

みなさんもぜひ、SM出会い系でほんとうのSMプレイを体験してみてください。

おすすめSM出会いサイト

 調教マニア-SM即愛クラブ
おそらく、日本で一番会員数が多いサイトなのではないでしょうか?とにかく初心者から上級者、ソフトSMからド変態プレイまで幅広い層で賑わっており、24時間常に掲示板投稿が賑わっています。店舗のSMクラブやサークルなど知り合った人と話すときでも良く名前があがるサイトですので、SM界におけるYahoo!のような、まさに定番サイトといった言葉が似合う超大手サイトです。

 主従誓約書
なんといってもM女を探すならココ!「M女探し」という目的に絞ればココより適したサイトはありません。それくらい圧倒的にM女が探しやすいです。なにしろ、SM業界ではM女とS男の比率というのはおそらく7:3くらいでM女のほうが断然多く、S男というのは常に供給が足りずに無条件でモテモテになってしまうほどなのです。慣れたS男の人であれば5,6人のM女を常に抱えているなんてことも珍しくありません。そういった男の夢が実にあっさり叶えられるかもしれないサイトといえます。

 主従誓約書
こちらは上記2サイトほどメジャーではありませんが、私が個人的にいま一番ハマっているサイトです。より深いSMの世界を求めている人にオススメしたいですね。ただ単に性欲処理としてのSMプレイではなく、精神的なつながりを求めているワンランク上のSM出会いが欲しくなった人にはこのサイトが最適です。初心者のかたにとっても、ここの掲示板は必見ですよ。実に官能的なハイレベルな投稿が毎日行われていますので、それを見るだけでも実にSM欲が刺激されて勉強になります。