SMの知識一覧

自分はSだと思っている人ほど、Mプレイを一度はしてみるべきである

自分はSだと思っている人ほど、Mプレイを一度はしてみるべきである。

これは私の体験談でもありますし、SMを少しかじった人であれば一度くらいは聞いたことがある格言?だと思われます。私も最初はずっと自分のことをS男だと信じきっており、M男の真似事をするなんてことは恥ずかしく気持ちが悪いもの、という印象でしたし、そんな機会もあるわけがないと思っていました。

しかし、SM出会い系で知り合ったパートナーの方がS女もM女も両方イケるクチの人で、いろいろと肉体的な相性が良かったこと、そしてどこか自分のS男に行き詰まりというか…ワンパターン化してきたことによるマンネリ感も覚え始めていたため、そこまでいうならやってみるか、という気持ちでプレイに及んでみたのです。

あの夜のことは今でも忘れられません。それくらい衝撃的でした。

その彼女の本質はやはりM女であり、S女というのも戯れ程度のものだと言っていましたが、そんなお遊びのS女に自分のS男がどれだけ程度が低いものであったかをまざまざと見せつけられました。

それまではS男というのは傍若無人に振るまい、とにかくM女に尽くさせるものだと思っていました。Sは王様であり、Mは奴隷のようなもの、という認識です。しかし…その女性に教わったことというのは、その実まったく逆な立場であるということでした。

SはMがなにを求めているのかを常に察し、考えてそれを提供する存在だったのです。つまり、どちらがより「尽くしているか」といえばSのほうなのです。セックスの全体的な主導権はMが持っており、Sはそれにそってプレイを提供していくものでした。

ただ、なにからなにまでMがリードしているわけではなく、Sはそれを無視したりひっくり返したりする権利があるということですね。その塩梅やタイミングでSの力量がわかるそうです。当時、その女性にそれまでの私の評価を聞いてみましたが「まったくもってダメ」ということでした(笑)

本当はハズレS男として見送るつもりだったけど相性が良かったので「育成」に協力してくれた、とのことでした。彼女に教わることがなければ、恥ずかしい無知なSプレイをまだ続けていたかもしれないと思うとぞっとしますし、彼女にはとても感謝しています。

たかが出会い系、と思う人もいるかもしれませんが、あの日あの人との出会いはまさに私の人生を変える運命の出会いでした。それ以降はますますSMというものにハマり、今ではSMを通じて色々な人と知り合い経験を得ることが出来ました。

みなさんもぜひ、まだ見ぬ運命の相手に出会えますように。


出会い系がなかったころって、どうSMパートナーを見つけていたのか

前述のとおり、自分はSM出会い系というものが存在してから始めたもので、それ以前のSM界というものを知りませんでした。

しかし、SM出会い系を通じて知り合った人たちや、リアルでのSM専門店などで知り合った人たちから、その時代の話を聞けることがたまにあります。

それを聞いて思うのは…今は本当に恵まれているんだな、ということです。

なにせ、いまは全てにおいてSM趣味に対して寛容であり、満たしやすい環境であるといえます。昔はSM趣味というのはもっとディープなもので、ソフトSMなんて言葉もなく、SMといえばハードなものという固定イメージでした。

たとえば荒縄で和服の女性の身体をしばって天井から吊るすとか…赤く太いロウソクをふんどしで四肢を縛られた男性の身体に垂らすとか、そういう古典的なSMイメージというのはこの時代を今でも引きずっているといえるでしょう。

当時のエロといえば写真集がメインであり、ビデオも画質が粗く数も少ないという、SM日照りの時期でした。その分、1つ1つのクオリティが高かったという面もありますが…。どちらか選べと言われたら、私は今の状況を選ぶことでしょう。

では、それを見てSM趣味に目覚めた人はどうしてたかといえば…。SM専門雑誌の読者コーナーのようなもので相手を募るというものでした。もちろん、メールなんて便利なものはありません。文通という手段です。

これは、と思った人に手紙をだし、数日おきに1通という頻度で少しずつ親交を深めていき、数ヶ月単位かかったのちにやっと会う…というプロセスだったようです。もちろん相手の顔なんてわからないことがほとんどです。

そんな多大な時間を使って会った相手がとんでもないブスやデブだった…なんて話も珍しくありません。今も出会い系ではよくある話ですが、メールやサイトというデジタルな媒体を介している分、あまりダメージはありません。しかし、手紙という肉筆でアナログな媒体であれば…そのダメージはより大きなものとなっていたことは想像に難くないものと言えます。

今では出会い系に登録をするだけで、全国各地老若男女問わずいろんなSM嗜好の人がすぐに見つかります。しかも、リアルタイムで連絡がとれて一瞬で返事が返ってきます。おそらく、先人の方たちが今の状況を見たら涙を流して喜ぶことでしょう。そんな先人たちが土台を作ってくれたおかげで、今の状況があるとも言えます。

いま、この恵まれたSM土壌があるのに始めないのは実にもったいないことだと思いませんか?