SMの知識一覧

入門用に抑えておきたいソフトSMの具体例:緊縛・小道具編

さて、先日は目隠しプレイについて解説をしましたが、次は緊縛・小道具を用いたプレイを紹介してみたいと思います。目隠しプレイはいつでもどこでも気軽にできやすいのがメリットでしたが、今回はちょっと事前準備が必要な場合もあります。ただ、その分、より非日常感が味わえますので、目隠しプレイの次のステップとしてオススメです。

◆ソフトな緊縛プレイとは

なにをもってソフトなのかハードなのかを分けるのは難しいところですが、個人的な境界線としては「プレイ後に痕が残るかどうか」で決めています。荒縄や鎖などは痕が確実に残りますのでハードなプレイ、やわらかいヒモや伸縮性のあるゴム素材などは残りにくいですので、ソフトといった感じですね。

当然ながら初心者であればソフトな緊縛からはじめましょう!ハードな緊縛は縛り方がまずいと怪我を伴う危険性があります。目隠しでも活躍したネクタイがここでも活用できます(笑)ただ、手や脚が開こうとする力というのは思った以上のものがありますので、引きちぎれるまではいかないものの、生地が間延びして見た目が悪くなってしまう可能性もあります。もうどうでもいいようなくたびれたネクタイを使用することをおすすめします。

あとはドン・キホーテのアダルトコーナーにでもいけばカワイイふわふわがついていたり、ゴム質で安全性の高い手錠だったりが売っていますので、それを購入するのもいいかもしれませんね。

「ちょっとドンキで買いたいものがあるんだけど寄っていい?」

といって、あくまでついでを装って「わー、みてみてこんなの売ってる(笑)」というノリでアダルトコーナーに連れ込むのも手ですよ。というかほとんどのカップルはやってることだと思いますが(笑)彼女のほうもわかっているので、そういった場所に興味津々なものの、なかなか女性本位でそういったコーナーへは入りづらいものです。なので男性がリードしてくれることによって助かるという面もあるわけですね。

手や足をしばる道具が用意できたら、いよいよあとはしばるだけ…ですが、縛り方と場所に注意です。固結びなんかは厳禁ですよ?きちんと外しやすくて食い込みにくい結び方をしてあげましょう。縛る際もぎゅっと締め付けるのではなく、すこし余裕を残したあそびを加えてください。これがないと最悪、手の皮同士や布がスレて出血してしまうこともあります。縛る時は外すことを前提に、ゆるめに結んであげましょう。一度試しに結んでみて、相手に感触を聞くのも大事です。もうちょっとゆるくして、もう少し下のほうで結んでほしい、など具体的な改善案を聞き、よりよいものにしていきましょう。

ただ、ここでもうひとつ注意したいのは後ろ手で縛る行為です。たしかによりSM的であり、実際の緊縛感もかなり良いものがあるのですが、体勢としてかなり不自然でキツいことがデメリットです。特に後ろ手で結んだまま正常位の体勢になると、自身の体重が片手首に押し寄せることになり、うっ血してしまう恐れがあります。相手の体を気遣えてこそのSMプレイということをお忘れなく。

いざ、実際に縛ってみよう!

初心者が実戦で練習したいのであれば、SM出会い系で相手を探せばすぐに見つかります。

特に「Spanky」というサイトは初心者へのサポートが厚いことで有名です。初心者同士で縛り方、縛られ方を練習しあうコミュニティや、熟練のM女が新人のS男に対して手取り足取り教えてくれる支援もあります。

SMを専門とした出会い系サイトはいくつもありますが、その中でもこの「Spanky」はもっとも良心的でコスパの良いサイトだといえるでしょう。 「Spanky」の特徴 Spankyならではの特徴としては、とにかく変態M女の登録会員数...

縛りの練習は男女ともに需要が高いプレイなので、相手はすぐに見つかることでしょう。


入門用に抑えておきたいソフトSMの具体例:目隠し編

初心者にとってのソフトSMはこれから始まるSMライフへの登竜門ですし、上級者にとっても初心を忘れないという意味でとても大事なプレイです。思えばSMに精通している人ほど、ソフトSMのプレイを大事にしている気がします。

SMに対してある程度なれてきてソフトSMでは物足りなくなってくると、ソフトSMの行為をバカにしたがる人が多くいますが、それではいけません。

「え、君はまだ目隠しプレイなんてしているのかい?僕はもう緊縛プレイにハマってしまって、日夜ビデオや本で縛り方の勉強に追われているよ(笑)」

なんていう人がよく居ますが…なんとも恥ずかしいことです。まあそういった人たちも順調に経験を積んでいくと、若かりし頃の自分を振り返って赤面の思いをすることになると思いますので、コレもある意味登竜門なのかもしれませんね。

閑話休題。

さて、ではソフトSMというのは具体的にどんなプレイなのでしょうか?個人的には大きく分けて3つのプレイに分けられると思います。

1つは目隠しプレイ。1つはソフトな緊縛プレイ。1つはオモチャや小道具を使ったプレイ。ここではその目隠しプレイにスポットを当ててみましょう。

◆目隠しプレイとは

その名の通り、目隠しをして視覚を奪うプレイです。なんだそれだけのことか、と思われるかもしれませんが、これは実に奥深いプレイです。安易に目隠しをするだけとはいえ、その結果として得られるものはとても大きなものがあります。なにせなにも見えないわけですから、相手がなにをしてくるかもわかりません。

仮に相手が殺意を持って包丁などを持ちだしたとしても、こちらからはなにも見えないし抵抗のしようがありません。つまり、あなたにはなにをされてもいい、という服従の意思を示すわけですね。これはSM行為にとってとても大事な要素です。

さらには視覚を奪われることにより、他の五感…とくに触覚と聴覚が敏感になります。どこにいきなり触れてくるかわからないですし、フェラチオやクンニなどの音がより大きく響いて耳に入ってきますので、その興奮たるや一度してみないと絶対に味わえない経験でしょう。

オススメなのは目隠しをさせて、両手を手首のところで束ねて片手で持ち上げ、そのままフェラチオをさせることですね。見た目の美しさもさることながら、これをされたときの女性の服従感というものは凄まじいものがあるそうです。Mっ気が少しでもある子であれば、そこから一気に開花してしまうことも珍しくありません。

そしてなによりそのお手軽さがメリットですよね。アイマスクのようなものは100均でも売っているありふれたものですし、そういったものがなくてもネクタイで十分に代用が効きます。それにネクタイであれば男性であれば普通もっているものですし、これを使ってみない?といきなりアイマスクで提案するよりもごく自然な成り行きで試せるというのもオススメですね。


自分はSだと思っている人ほど、Mプレイを一度はしてみるべきである

自分はSだと思っている人ほど、Mプレイを一度はしてみるべきである。

これは私の体験談でもありますし、SMを少しかじった人であれば一度くらいは聞いたことがある格言?だと思われます。私も最初はずっと自分のことをS男だと信じきっており、M男の真似事をするなんてことは恥ずかしく気持ちが悪いもの、という印象でしたし、そんな機会もあるわけがないと思っていました。

しかし、SM出会い系で知り合ったパートナーの方がS女もM女も両方イケるクチの人で、いろいろと肉体的な相性が良かったこと、そしてどこか自分のS男に行き詰まりというか…ワンパターン化してきたことによるマンネリ感も覚え始めていたため、そこまでいうならやってみるか、という気持ちでプレイに及んでみたのです。

あの夜のことは今でも忘れられません。それくらい衝撃的でした。

その彼女の本質はやはりM女であり、S女というのも戯れ程度のものだと言っていましたが、そんなお遊びのS女に自分のS男がどれだけ程度が低いものであったかをまざまざと見せつけられました。

それまではS男というのは傍若無人に振るまい、とにかくM女に尽くさせるものだと思っていました。Sは王様であり、Mは奴隷のようなもの、という認識です。しかし…その女性に教わったことというのは、その実まったく逆な立場であるということでした。

SはMがなにを求めているのかを常に察し、考えてそれを提供する存在だったのです。つまり、どちらがより「尽くしているか」といえばSのほうなのです。セックスの全体的な主導権はMが持っており、Sはそれにそってプレイを提供していくものでした。

ただ、なにからなにまでMがリードしているわけではなく、Sはそれを無視したりひっくり返したりする権利があるということですね。その塩梅やタイミングでSの力量がわかるそうです。当時、その女性にそれまでの私の評価を聞いてみましたが「まったくもってダメ」ということでした(笑)

本当はハズレS男として見送るつもりだったけど相性が良かったので「育成」に協力してくれた、とのことでした。彼女に教わることがなければ、恥ずかしい無知なSプレイをまだ続けていたかもしれないと思うとぞっとしますし、彼女にはとても感謝しています。

たかが出会い系、と思う人もいるかもしれませんが、あの日あの人との出会いはまさに私の人生を変える運命の出会いでした。それ以降はますますSMというものにハマり、今ではSMを通じて色々な人と知り合い経験を得ることが出来ました。

みなさんもぜひ、まだ見ぬ運命の相手に出会えますように。


出会い系がなかったころって、どうSMパートナーを見つけていたのか

前述のとおり、自分はSM出会い系というものが存在してから始めたもので、それ以前のSM界というものを知りませんでした。

しかし、SM出会い系を通じて知り合った人たちや、リアルでのSM専門店などで知り合った人たちから、その時代の話を聞けることがたまにあります。

それを聞いて思うのは…今は本当に恵まれているんだな、ということです。

なにせ、いまは全てにおいてSM趣味に対して寛容であり、満たしやすい環境であるといえます。昔はSM趣味というのはもっとディープなもので、ソフトSMなんて言葉もなく、SMといえばハードなものという固定イメージでした。

たとえば荒縄で和服の女性の身体をしばって天井から吊るすとか…赤く太いロウソクをふんどしで四肢を縛られた男性の身体に垂らすとか、そういう古典的なSMイメージというのはこの時代を今でも引きずっているといえるでしょう。

当時のエロといえば写真集がメインであり、ビデオも画質が粗く数も少ないという、SM日照りの時期でした。その分、1つ1つのクオリティが高かったという面もありますが…。どちらか選べと言われたら、私は今の状況を選ぶことでしょう。

では、それを見てSM趣味に目覚めた人はどうしてたかといえば…。SM専門雑誌の読者コーナーのようなもので相手を募るというものでした。もちろん、メールなんて便利なものはありません。文通という手段です。

これは、と思った人に手紙をだし、数日おきに1通という頻度で少しずつ親交を深めていき、数ヶ月単位かかったのちにやっと会う…というプロセスだったようです。もちろん相手の顔なんてわからないことがほとんどです。

そんな多大な時間を使って会った相手がとんでもないブスやデブだった…なんて話も珍しくありません。今も出会い系ではよくある話ですが、メールやサイトというデジタルな媒体を介している分、あまりダメージはありません。しかし、手紙という肉筆でアナログな媒体であれば…そのダメージはより大きなものとなっていたことは想像に難くないものと言えます。

今では出会い系に登録をするだけで、全国各地老若男女問わずいろんなSM嗜好の人がすぐに見つかります。しかも、リアルタイムで連絡がとれて一瞬で返事が返ってきます。おそらく、先人の方たちが今の状況を見たら涙を流して喜ぶことでしょう。そんな先人たちが土台を作ってくれたおかげで、今の状況があるとも言えます。

いま、この恵まれたSM土壌があるのに始めないのは実にもったいないことだと思いませんか?