初心者にSM出会い系サイトをおすすめする4つの理由

ガチのM女から恥じらいもなく、「スパンキングしてください」「精子飲ませてください」とお願いされるのは、S男として興奮するものだが、初心者のM女を徐々に淫乱なメス犬へと調教していくのも気分が良いものだ。

女も最初は嫌がっていた、スパンキングされる、精子を飲むという行為が、調教するに連れ少しずつ虜になり、スパンキングされたい、精子を飲みたいと泣きながら悲願するようになる。

そうなると今度は簡単にはスパンキングしたり精子を飲ませたりはしない。もっと屈辱的な行為をするよう命令する。その命令を実行できたときに、はじめて褒美としてスパンキングや精子を与える。

すると、嫌がっていたはずのスパンキングや精子を飲むためだけに一生懸命、命令を実行しようとするのだ。

その命令を達成した時の満足感と褒美を与えられた喜びに、M女は身も心もメス犬と化していく。

そんな時こそ、S男としては最高にゾクソクする瞬間だ。

しかし、一般人の彼女をメス犬にしてしまうのは気が引けるものだ。それにご主人様と奴隷は恋愛とは別の関係。もっとドライに付き合いたい。

ならば、SM出会い系サイトを利用するのが良い。

そこで、これからSM出会い系サイトの門をくぐろうとする初心者に向けて、SM出会い系サイトをおすすめする4つのポイントをあげておきたい。

●M女は出会いを求めている

S男がM女を求めているように、M女もS男を求めている。

そんなS男とM女との出会いは、今までなら特殊なイベントやSMバーなどでしかなかった。

それが、SM出会い系サイトなら簡単に出会うことが出来る。

SM出会い系サイトを利用する女性は元々、奴隷願望があってのこと。だから、普通の出会い系サイトで探すより効率はいい。

●M女は見られたがっている

女にSM願望があっても、特殊なイベントに参加したりSM系のバーに行くのは、かなりハードルが高いものだ。

いくら願望があるとはいえ、初心者が気軽に近寄れる場所ではない。

その点、SM出会い系サイトは敷居を一気に下げた。

プチ願望なだけでもSM出会い系サイトになら気軽に登録できる。

M女は掲示板に自分の願望を書くだけで興奮して濡らしている。M女は自分を見て欲しいのだ。

●M女はレスポンスが早い

M女は普通では味わえない刺激を求めている。だから、刺激を与えてくれるS男からのメールを待ち望んでいる。その分、レスポンスは早い。

元々、命令されることに弱いのがM女だから懸命に応えようとする。

ただし、メールのやり取りだけで満足。会うのはやはり怖いというM女もいる。

それはそれで、掲示板に淫らな願望を書かせるよう調教する、といった対応で遊びたい。

●M女と安全にプレイできる

なんといってもSM出会い系サイトの最大のメリットは匿名性だ。

場合によっては自分の本名や素性を知らせなくとも良い。

奴隷のことは何でも打ち明けさせるが、主は自分のことはあまりしゃべらないものだ。

だから、トラブルになりそうな時は、簡単に関係を切ることが出来る。

とはいえ、SMの関係でも人間としての良心は求められる。トラブルがあった時はそれなりの対応はして欲しい。もちろん、トラブルがないように注意するのが一番、大切だ。

おすすめSM出会いサイト

はじめるならいまがチャンス!!

いかがでしたか?上記の内容は、今すぐ実践で試すことが可能です。妄想で終わらせるだけではなく、実現させたいのなら行動あるのみです!

2017年12月18日現在、特別キャンペーン中につき1サイトあたり平均3000円分のポイントが配布されています。

つまり、5サイトすべてに登録すれば1万5000円相当もお得になるという、これまでにない超チャンス期間をお見逃しなく!

SM出会いコミュニティ

いろんなジャンルのプレイを網羅しており、どんなアブノーマルなプレイでもココなら必ず相手が見つかることでしょう。掲示板の濃密さは一見の価値あり。

Spanky

変態M女が日本一多く登録していると思われる超定番サイト。SM界におけるYahooのような安心感。初心者のS男が出会い系デビューするならまずココから!

痴女っ娘と交尾

貴重なS女が全国から集結しており、M男の楽園として有名。「されたい」と思うことのすべてはココで叶いますし、S男の研修先としても有用。

SMMAX

手っ取り早くSMセフレが欲しいなら絶対にココ!カジュアルな雰囲気で、若くて頭の悪い女がたくさん集まっているので、めちゃくちゃおいしいです。

SM_SOFTorHARD_SM

ソフトとハードに分離されているので、相手がすぐに見つかります。2017年に大ブレイクした、いまもっともアツい旬なサイト!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする