初心者がSM出会い系サイトで注意点する4つのポイント

大抵の女の子はどこかM気質を持っているものだ。

目隠しして、首輪をつけて、拘束具で自由を奪ってプレイすると、男も女もいつもと違う感覚にゾクゾクとして、少し燃えたりする。

そんなことをしているうちに、普通のセックスでは満足できなくなってしまい、Sとして目覚めてしまったのなら、SM出会い系サイトを利用してみるのは良いかもしれない。まだまだアナタの知らないディープな世界がそこにはあるのだから

というわけで、これからSM出会い系サイトの門をくぐろうとする初心者に向けて、4つのポイントをあげておきたい。

●初心者なことは恥ずかしいことではない

SMの世界に興味はあるけど、良くは知らない、という人は多い。

もともとオープンな世界ではないのだから当然のことだ。

ネットで検索するといろんな情報が入ってくる。海外のサイトなどは超過激でSMに興味があったとしても思わず引いてしまうものだ。

しかし、そんな情報など不要だ。

初心者は初心者として振舞えばよい。

SMはSとMの主従関係によって成り立つ。プロのようなS男を求めるM女もいるが、S男が初心者でも、納得すればご主人になって欲しいと思う女の子はいくらでもいる。まず、女の子が安心して従いたい、と思うかどうかが大切だといえる。

そして、二人で成長することがSMの世界の基本だということを覚えていて欲しい。

●M女といってもいろんなタイプがいる

漠然と「SMに興味があるんです~」という女の子もいれば、蝋燭や鞭が好きなガチのM女もいる。

ガチなM女を相手にするのは相当な覚悟が必要。初心者には不向きだ。

ガチでなくとも、ライトに縛られるのが好きという子や、軽いスパンキングを喜ぶ、痛い系が好きという子。下着をはかないで野外を歩く、露出が感じるという子。とにかくなにがなんでもアナル。など、M女の好みはさまざま。

S男として初心者なら、自分の興味のあることと合致する、同じ初心者のM女を選ぶのが懸命だ。

まずは、ライトSMから始めてみてはどうだろうか。

●主従関係は簡単ではない

とはいえ、M女と主従関係を結ぶのは簡単なことではない。M女は心から信頼できて安心できるご主人様を求めている。そんなM女の眼鏡に適うことは、実はなかなか大変なことなのだ。

SM出会い系サイトでは、M女とのメールのやり取りからすでに調教が始まっている、と考えて対応して欲しい。

しかし、命令口調は良くない。少しずつ飼いならしていくつもりで神経を使う。

そして、M女を身も心も自分の奴隷にしていく。

S男として、M女を上手くリードすることが大切なのだ。

●Sとしてのプライド

一番、大切なことは、S男としてのプライドを持つことだ。

「ご主人様」と聞くと、なんだか偉そうにしていないといけないようなイメージがあるが、そんな必要はない。ご主人様をやっているS男にもいろんなタイプがいる。

多くのS男はプレイ中は厳しいが、スイッチを切った時は凄く優しい、という男性が多い。

そして、何よりも紳士だ。

乱暴な男がS男の適正ではない。

SMといっても基本は人間と人間の付き合いだといっていい。

人間として、男として、そしてS男として、M女に信頼されるようにプライドを持っていることが、一番大切なことなのだ。

おすすめSM出会いサイト

はじめるならいまがチャンス!!

いかがでしたか?上記の内容は、今すぐ実践で試すことが可能です。妄想で終わらせるだけではなく、実現させたいのなら行動あるのみです!

2017年10月24日現在、特別キャンペーン中につき1サイトあたり平均3000円分のポイントが配布されています。

つまり、5サイトすべてに登録すれば1万5000円相当もお得になるという、これまでにない超チャンス期間をお見逃しなく!

Spanky

変態M女が日本一多く登録していると思われる超定番サイト。SM界におけるYahooのような安心感。初心者のS男が出会い系デビューするならまずココから!

痴女っ娘と交尾

貴重なS女が全国から集結しており、M男の楽園として有名。「されたい」と思うことのすべてはココで叶いますし、S男の研修先としても有用。

SM出会いコミュニティ

いろんなジャンルのプレイを網羅しており、どんなアブノーマルなプレイでもココなら必ず相手が見つかることでしょう。掲示板の濃密さは一見の価値あり。

SMMAX

手っ取り早くSMセフレが欲しいなら絶対にココ!カジュアルな雰囲気で、若くて頭の悪い女がたくさん集まっているので、めちゃくちゃおいしいです。

SM_SOFTorHARD_SM

ソフトとハードに分離されているので、相手がすぐに見つかります。2017年に大ブレイクした、いまもっともアツい旬なサイト!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする