SMプレイの成り立ちや歴史

今では当たり前のように広まっているSMプレイですが、ほんの数十年前まではアンダーグラウンドで日の目を見ないごくごく一部の愛好家のみが楽しむものでした。

小学生だって亀甲縛りや、ムチやロウソクで責めるといった概念をなんとなく知っていることでしょう。それは性的な意味合いではなくあくまでも「おもしろ」として受け取っていますけどね。

テレビのバラエティなどでもSMプレイを模した内容が出てきますからね。芸能人がお仕置きとしてムチで打たれたり、縛られたりなど……。

一世を風靡した「笑ってはいけないシリーズ」もムチが吹き矢に置き換わっただけで同じような構図です。

そんなカジュアルで一般的になったSMプレイですが、どういった歴史があって今に至るのかを知っておくのも楽しいですよ。

成り立ちと歴史

SMプレイ、すなわちサディズム(S)とマゾヒズム(M)を含む性的活動は、古代から存在していたと言われています。

サディズムとは他者に苦痛を与えることから快楽を得ることであり、マゾヒズムは自らが苦痛を受けることから快楽を得ることです。

この二つの概念は、フランスの作家マルキ・ド・サドとオーストリアの作家レオポルド・フォン・ザッハー=マゾッホの名前に由来しています。

サドは18世紀のフランス貴族であり、彼の著作はしばしば暴力的かつ性的に露骨な内容を含んでいました。彼の作品はサディズムの概念を広めました。

一方、マゾッホは19世紀の作家であり、彼の作品には自己の苦痛を通じて快楽を得る登場人物が頻繁に登場しました。このため、彼の名前がマゾヒズムの語源となりました。

SMの文化的背景

20世紀に入ると、SMはより明確な形でサブカルチャーとして発展し始めました。

特に1950年代から1960年代にかけて、アメリカやヨーロッパでSMに関するコミュニティが形成され、雑誌や書籍が出版されるようになりました。

この時期には、ボンデージ(拘束)、ディシプリン(調教)、ドミナンス(支配)、サブミッション(服従)、サディズム、マゾヒズムの頭文字を取った「BDSM」という用語も生まれました。

1970年代には、LGBTQ+コミュニティの一部としてSM愛好者のコミュニティがより広く認知されるようになりました。

サンフランシスコやニューヨークなどの都市では、SMバーやクラブが開かれ、愛好者が交流する場が提供されました。

また、この時期には「セーフ、サン、コンセンサス」(Safe, Sane, and Consensual)という基本原則が確立され、SMプレイが同意に基づくものであることが強調されました。

有名なSM愛好家

SM愛好者の中には、有名な人物も含まれています。例えば、20世紀のアメリカの写真家ロバート・メイプルソープは、SMの要素を含む芸術作品を多く制作しました。

彼の作品は、SMの美学や力動を探求するものであり、その作品は今でも評価されています。

また、イギリスの作家・詩人オーブリー・ビアズリーもSMに関心を持っていたと言われています。

彼の作品には、しばしばエロティックなテーマやサディスティックな要素が含まれており、その作風は多くの人々に衝撃を与えました。

さらに、現代の有名人の中には、SMをテーマにした作品を発表する者もいます。

例えば、アメリカのポップ歌手レディー・ガガは、彼女のミュージックビデオやライブパフォーマンスでSMの要素を取り入れることがあります。彼女は自身のアートを通じて、性的な自由や多様性を表現し続けています。

SMの現代的な位置づけ

現代において、SMはより広く受け入れられ、多様な人々によって実践されています。インターネットの普及により、愛好者が情報を共有し、コミュニティを形成することが容易になりました。

オンラインフォーラムやSNSでは、SMに関する議論が活発に行われており、新しいアイデアやプレイの方法が次々と紹介されています。

さらに、心理学や性科学の分野でも、SMは研究の対象となっています。

多くの研究が、SMが健全な性的表現の一形態であり、適切な同意とコミュニケーションに基づく限り、心身に悪影響を及ぼさないことを示しています。

まとめ

SMプレイは、古代から現代に至るまで、多様な形で存在し続けてきました。

文化や社会の変遷に伴い、その受容度や実践方法も変化してきましたが、基本的な概念であるサディズムとマゾヒズムは一貫して存在しています。

現代においては、SMは性的多様性の一部として認知され、様々な背景を持つ人々によって実践されています。

また、有名人の中にもSM愛好者が存在し、その活動や作品を通じて、SMに対する理解と受容が広がっています。

超厳選おすすめSM出会いサイト

いかがでしたか?上記の内容は、今すぐ実践で試すことが可能です。妄想で終わらせるだけではなく、実現させたいのなら行動あるのみです!

2024年7月25日現在、1サイトあたり平均3000円分のポイントが配布されています。

つまり、8サイトすべてに登録すれば約2万円以上もお得になるという、これまでにない超チャンス期間をお見逃しなく!

Jメール(SM部門)

大手一般出会い系サイトのSM特化部門!素人っぽい不慣れな女の子と楽しみたいならココ!サイトの雰囲気もカジュアル寄りなので、気軽に始めてみたい人にオススメです

SM初体験ならまずはココから ~IROHA~

SM初心者に特化したサイトで、初心者同士の出会いや初心者に手ほどきをしたい上級者が集まってとてもいい雰囲気になっています。今からSMデビューするならここが絶対オススメ!

ワクワクメール(アブノーマル)

アブノーマル掲示板はSM希望者だらけで、プロフィール検索でSM希望相手だけを探せるので実質SM専門出会い系サイトです。無料で楽しめるコンテンツが多くコスパ最強!

ハッピーメール(アダルト版)

登録者数3000万人を誇る日本最大の出会い系サイトにアダルト版があるのをご存知ですか?即ホテルや今すぐ会える人といった目的だけでもピーク時には毎分数十件もの書き込みがあふれているまさにモンスター出会い系サイト!

VERONICA

10人中9人が1週間以内にSMセックス成立しているというスピード感がウリのサイトです。システム面からしてとにかくスムーズな出会いを支援してくれており、初心者の方でもサクサク出会えてしまうので、お金も時間もかけたくない人にピッタリ!

ソフトSM専門 HEAVEN

まずはソフトSMから、を合言葉としているため「SMってちょっとこわいかも」と思ってる初心者同士で気軽に会える雰囲気がとても温かい!ここでウブなM女を捕まえて一人前に育てるのが私の趣味です(笑)

シャングリラ

とにかくエッチなことがしたい!という目的の女の子がわんさか集まっており、その中でもアブノーマルなプレイに特化した部門です。若い女の子と無責任セックスがしたいならココ一択です!

Desire

SM専門出会い系の中でも継続14年という信頼できるサイトですが、最近リニューアルして今風につかいやすくなって新規登録者も爆増中!「今すぐセックス」をテーマにしているのでいきなり本音で話せる女性が多いのが特徴です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする