意外と大変!飽きたM女と後腐れなく別れる方法を知っておきましょう

私がSMプレイにハマるようになって早数年が経ちましたが、振り返れば楽しい思い出がいっぱいです。本当にあのとき、勇気をだしてSMプレイを始めてよかったと心から思います。

しかし、すべてが楽しいことばかりではなく、大変なことやツラいこともありました。

自分の力量を見誤って相手に怪我をさせてしまったり、あまりに簡単にセックスできてしまうことから傲慢な勘違いS男になってしまったり、大口を叩いておきながらうまく縛れずに恥ずかしい思いをしたりなど……。

そんな数々の失敗談の中でも、もっとも苦労したのは「SMセフレとの別れ方」を知らなかったがために、かなり面倒なことになってしまったことですね。

これまで35年以上モテなかった男が、S男になるだけでモテモテに

私の青春時代といえば、それはもう悲惨なものでした。モテとはまったく縁のない、「陰キャ」で「非リア充」な時代を長く過ごしたものです。

SM出会い系を始めるまでの経験人数はたったの2人でしたが、ここ数年間でおそらく50~60人とセックスしていると思います。いかにSM出会い系がとんでもないところなのかがよくわかりますね(笑)

そんな風に女性経験がほとんどないまま、急に「貴重なS男だから」という理由だけでモテモテになってしまったのですから、いろいろと戸惑ったものです。

ただ、状況に慣れるのは案外早かったですね。とにかく、とんでもないペースで成功も失敗も経験を積めるので、否が応にも体と心が適応していくのです。人間ってすごいなあ、としみじみ思います(笑)

セックスやSMプレイに対して不安を抱えており、それを理由にSM出会い系デビューを踏みとどまっているのであれば、そんな心配はいっさい無用です。私のように簡単に経験を積むことが出来ますから、あまり考えすぎずに飛び込んでみることをオススメします。

しかし、いまだに慣れていないことが「女性との別れ方」ですね。こればかりは本当に難しい。

なにせ女性のイカせ方や、上手な縛り方などは必ず正解があります。これをやっておけばまず間違いない、というセオリーがあるのです。しかし、女性との別れ方となるとそうはいきません。

さらに、これまでモテた経験がない男は女性との別れ方があまりにヘタクソです。しかも、やりかたを間違えてしまうと、相手が「メンヘラ化」してしまい、ストーカーまがいのことをされるリスクもあります。

というより、まさにされたことがあります。あのときは私が悪かったのもあるのですが、かなり泥沼化してしまい、最終的に夜逃げ同然で引っ越すハメになってしまいました……。

そんな事にならないよう、これからS男でモテモテを目指すのであれば、「女性との別れ方」を知っておくべきです。

M女との別れは、一般的な彼女と別れるときよりも大変

まず知っておきたいのは、M女はS男に強く依存していることです。「私はもうこの人ナシでは生きていけない」と思い込んでいる女性が珍しくありません。

そう思い込ませれば思い込ませるほどSMプレイにも熱が入りますし、都合のいい女として好きに扱えるようにもなりますからね。

しかし、SMパートナーやSMセフレとして付き合っているうちはいいのですが、そのうち絶対に飽きます(笑)

じっくり育ててみたい! と思えるような女性と出会えるのは稀ですからね。そのような女性は例外として、欲求のはけ口として付き合う女性の多くは1~2ヶ月ほどで別れていますね。

超売り手市場のS男としては、飽きたらさっさと次の女を探せばいいのですが、供給過剰なM女側はせっかく見つけたS男をそう簡単には手放したくないのです。

そのため、きちんと別れ話をするとほぼ確実に面倒なことになります。

  • 「私のどこがだめだったの?」
  • 「気に入らないとこがあるなら、直すから言って!」
  • 「もっと努力するから、見捨てないで」

などなど……。いろんな言葉で食い下がってくることは間違いありません。

これが将来性のある一般的なカップルであれば話し合いの余地もあるでしょう。お互いに不満があるなら改善していこう! というのは実に正論で素晴らしい方向性です。

しかし、SMセフレに将来性はありません。終わりは始まった時点で決まっており、あとは速いか遅いかの問題だけなのです。ですから、話し合いをして改善するなんてことはまずありません。

では、どうすればSMセフレと別れられるのか?

答えは「なにも言わずにフェードアウトする」が正解です。

なにせセックスとSMプレイだけの関係なのですから、つながりなんて希薄なものです。個人情報や住居を教えなければ、LINEや着信を拒否するだけで終わる関係なのです。

話し合いの余地どころか機会すらない、と女性側が感じれば深追いもしてきません。「あー、そういうことかあ。まあ仕方ないね」と納得してくれるのです。

下手に別れ話などをするから、相手に「まだいけるかも」と、期待を抱かせてしまうのです。

そのため、SMセフレ扱いの女性に対しては以下を心得ておきましょう。

  • 本名や職場は絶対に教えない
  • 必ずホテルを利用し、自宅には招かない
  • 連絡はLINEやメールだけにする
  • デートなどはせず、普段から淡白な態度をとる
  • ただし、プレイ中は愛情たっぷりに

これらを守っていれば、「ちょうどいい感じのSMセフレ」として、とてもおいしく味わうことが出来るでしょう。

年単位で付き合うSMパートナーとの別れはきっちりとケジメをつけましょう

なにも言わずにドロンしてしまうのがSMセフレとの別れ方ですが、出会いを重ねていくうちに長く付き合いたいと思える女性にいつかきっと巡り会うことでしょう。

そんな女性ともし出会えたのであれば、長期的なきちんとしたSMパートナーとしてお付き合いすることをオススメします。

SMセフレと違い、SMパートナーは信頼関係がとても大事です。そのため、本名や職場も教えることになりますし、自宅にだって招き入れます。

普段から電話をしたり、休日にはデートに行ったりもするでしょう。SMセフレとはまったく逆ですね(笑)

まるで普通の彼女のような付き合いになると思います。SMセフレの手軽さに慣れてしまうといろいろと面倒に感じるかもしれませんが、つながりが希薄なSMセフレでは絶対に味わえない「SMプレイの本当の快楽」を味わえるのはSMパートナーだけです。

そのため、最初はSMセフレでセックスとSMプレイに慣れておき、頃合いを見て長期的な関係を築けるSMパートナーを探す……、というのがオススメですね。

私がもっとも長く付き合った女性は4年になります。別の男性との結婚を機に別れてしまいましたが、本当に最高のSMパートナーでした、

もし、そんな年単位で付き合ったSMパートナーと別れるときは、しっかり話し合ってください。

大事なのは「もう二度と会う気はない」という態度を明確にすることです。それを表した上で、なるべく傷つけないように別れましょう。

年単位でSMパートナーとして信頼を築いてきたのであれば、きちんと意思を伝えれば絶対に相手もわかってくれます。

下手にわざと嫌われようとしたり、連絡なしにフェードアウトするのは、SMプレイとしての美学に反すると思います。

SMプレイは大人同士だからこそできる、高尚なプレイだと私は思っています。空手や剣道の試合の後は相手に対して必ず礼をするように、長年付き合った感謝の気持ちを伝えてきれいに別れたいものですね。

おすすめSM出会いサイト

はじめるならいまがチャンス!!

いかがでしたか?上記の内容は、今すぐ実践で試すことが可能です。妄想で終わらせるだけではなく、実現させたいのなら行動あるのみです!

2018年12月19日現在、特別キャンペーン中につき1サイトあたり平均3000円分のポイントが配布されています。

つまり、7サイトすべてに登録すれば約2万円以上もお得になるという、これまでにない超チャンス期間をお見逃しなく!

SM初体験ならまずはココから ~IROHA~

SM初心者に特化したサイトで、初心者同士の出会いや初心者に手ほどきをしたい上級者が集まってとてもいい雰囲気になっています。今からSMデビューするならここが絶対オススメ!

痴女っ娘と交尾

タイトルの通り痴女で男を攻めるのが好きなS女性が集まるサイトです。プロから素人までS女性が充実しているのに対し、M男は常に不足していますのですぐ出会えると評判です!

M's(エムズ)

全M男待望のM男専門サイト!S女にイジめられたい、という願望さえあれば他になにもいりません。メールもデートもセックスも、すべて女性がリードしてくれるので、あなたはただされるがままでいいのです。

SMMAX

年齢層が高めの女性が集まるサイトです。たまにものすごいテクニックの女王様が紛れ込んでいたり、50代にしてSMデビューする初々しいMおばさんなど、熟女好きにはたまらない!

SM出会いコミュニティ

いろんなジャンルのプレイを網羅しており、どんなアブノーマルなプレイでもココなら必ず相手が見つかることでしょう。掲示板の濃密さは一見の価値あり

Spanky

変態M女が日本一多く登録していると思われる超定番サイト。SM界におけるYahooのような安心感。初心者のS男が出会い系デビューするならまずココから!

外国美女とアブノーマル出会い BLONDE NEW

国内では唯一の外国人女性とSM出会いが出来る貴重なサイト。金髪美人にムチでいじめられるもよし、大きなおしりを心ゆくまでスパンキングするもよし!普通に生きているだけでは絶対に味わえない体験ができますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする