あそこを見られるのが大好きな彼女

800sm12061900321彼女は、なんでもいうことを聞くようになってしまった。
最初は、ちょっと好奇心が強い女の子だっただけだが、私に会ったのが運のつき。
また、彼女もそういった欲望があったのだろう。
エッチな事に関しては、私の言うことをなんでも聞くようになってしまったのである。

 

いい女いないかなぁ、とSM出会い系をあさっていた。
直前まで付き合っていた彼女は気が強く、正直疲れた。
今度は、わがままいわず、私のいうことを聞いてくれる人がいいなぁ。
そう考えて、なんとなく、SM出会いサイトで、Mっ気のある女性をさがそうとしたのだった。
そこで、見つけたのが彼女。
ちょっと変わったエッチがしてみたいということで、登録していたらしい。

 

ちょうど、私の希望とあった。そのため、やり取りをするうちに会う約束が取り付けられ、実際に会えたのであった。
まぁ、ちょっとエッチなことに好奇心がある子だった。
騎乗位をやってみたいとか、そんな感じで始まっていったのだが、私が調子こいていろいろと命令したら、
そのように動くようになっていったのである。たとえばフェラチオなんかも、私の好みのようにすっかり仕上がってしまった。

 

ところで、気づいたことが一つあった。彼女は、自分の裸や恥ずかしい所を見られるのが結構好きだったのだ。
触られるよりも、明るい所でじっと見られると想像をかきたてて濡れてくるのだ。
もしかして、露出なんかさせたらいいのかなぁと思っていたのだった。

 

ある時、街を歩いていると、ストリップ劇場があった。ちょうどやっていたのは素人大会。
そこで、ちょっと閃いた。彼女にやらせたら面白いだろう。
そこで、次にあったときには、ベットの上から応募させてみたのだった。

 

その後、見事面接に合格。彼女は10日間ステージにたつことになったのだ。
始めてみたら私の予想は的中。彼女は恥ずかしいながらも彼女の性癖にぴったりだ。
「おじさんたちの目がね。私のあそこに集中してるって、わかるのよ」
と嬉しそうに彼女は語る。
もちろん、素人大会なので、マスクみたいなものはしているが、当然、素っ裸でステージにたつ。
ステージ毎に彼女はあそこを見つめられ、濡れてしまうのだった。
「会ったこともない初めてあったひとに、あそこを見せるって卑猥よね。」
とはいいながらも、彼女は仕事として、開いて見せている。
彼女のあそこは、見つめられててかてか光っているので大人気らしい。
当然、ポラロイドで写真も撮らせているので、きっと彼女のあそこの写真で抜いているやつは何人もいるだろう。

 

こうして、ステージ上がりに私は、彼女のあそこに息子を突っ込み毎晩楽しませてもらった。
彼女は、ステージでは欲望を我慢しなければならないので、よがり狂う。
このときの10日間は、かなり充実した性体験だった。
彼女もまた、やりたいといっているので、今度はパイパンにしてよく見えるようにしてあげようと考えている

入門用に抑えておきたいソフトSMの具体例:緊縛・小道具編

さて、先日は目隠しプレイについて解説をしましたが、次は緊縛・小道具を用いたプレイを紹介してみたいと思います。目隠しプレイはいつでもどこでも気軽にできやすいのがメリットでしたが、今回はちょっと事前準備が必要な場合もあります。ただ、その分、より非日常感が味わえますので、目隠しプレイの次のステップとしてオススメです。

◆ソフトな緊縛プレイとは

なにをもってソフトなのかハードなのかを分けるのは難しいところですが、個人的な境界線としては「プレイ後に痕が残るかどうか」で決めています。荒縄や鎖などは痕が確実に残りますのでハードなプレイ、やわらかいヒモや伸縮性のあるゴム素材などは残りにくいですので、ソフトといった感じですね。

当然ながら初心者であればソフトな緊縛からはじめましょう!ハードな緊縛は縛り方がまずいと怪我を伴う危険性があります。目隠しでも活躍したネクタイがここでも活用できます(笑)ただ、手や脚が開こうとする力というのは思った以上のものがありますので、引きちぎれるまではいかないものの、生地が間延びして見た目が悪くなってしまう可能性もあります。もうどうでもいいようなくたびれたネクタイを使用することをおすすめします。

あとはドン・キホーテのアダルトコーナーにでもいけばカワイイふわふわがついていたり、ゴム質で安全性の高い手錠だったりが売っていますので、それを購入するのもいいかもしれませんね。

「ちょっとドンキで買いたいものがあるんだけど寄っていい?」

といって、あくまでついでを装って「わー、みてみてこんなの売ってる(笑)」というノリでアダルトコーナーに連れ込むのも手ですよ。というかほとんどのカップルはやってることだと思いますが(笑)彼女のほうもわかっているので、そういった場所に興味津々なものの、なかなか女性本位でそういったコーナーへは入りづらいものです。なので男性がリードしてくれることによって助かるという面もあるわけですね。

手や足をしばる道具が用意できたら、いよいよあとはしばるだけ…ですが、縛り方と場所に注意です。固結びなんかは厳禁ですよ?きちんと外しやすくて食い込みにくい結び方をしてあげましょう。縛る際もぎゅっと締め付けるのではなく、すこし余裕を残したあそびを加えてください。これがないと最悪、手の皮同士や布がスレて出血してしまうこともあります。縛る時は外すことを前提に、ゆるめに結んであげましょう。一度試しに結んでみて、相手に感触を聞くのも大事です。もうちょっとゆるくして、もう少し下のほうで結んでほしい、など具体的な改善案を聞き、よりよいものにしていきましょう。

ただ、ここでもうひとつ注意したいのは後ろ手で縛る行為です。たしかによりSM的であり、実際の緊縛感もかなり良いものがあるのですが、体勢としてかなり不自然でキツいことがデメリットです。特に後ろ手で結んだまま正常位の体勢になると、自身の体重が片手首に押し寄せることになり、うっ血してしまう恐れがあります。相手の体を気遣えてこそのSMプレイということをお忘れなく。

入門用に抑えておきたいソフトSMの具体例:目隠し編

初心者にとってのソフトSMはこれから始まるSMライフへの登竜門ですし、上級者にとっても初心を忘れないという意味でとても大事なプレイです。思えばSMに精通している人ほど、ソフトSMのプレイを大事にしている気がします。

SMに対してある程度なれてきてソフトSMでは物足りなくなってくると、ソフトSMの行為をバカにしたがる人が多くいますが、それではいけません。

「え、君はまだ目隠しプレイなんてしているのかい?僕はもう緊縛プレイにハマってしまって、日夜ビデオや本で縛り方の勉強に追われているよ(笑)」

なんていう人がよく居ますが…なんとも恥ずかしいことです。まあそういった人たちも順調に経験を積んでいくと、若かりし頃の自分を振り返って赤面の思いをすることになると思いますので、コレもある意味登竜門なのかもしれませんね。

閑話休題。

さて、ではソフトSMというのは具体的にどんなプレイなのでしょうか?個人的には大きく分けて3つのプレイに分けられると思います。

1つは目隠しプレイ。1つはソフトな緊縛プレイ。1つはオモチャや小道具を使ったプレイ。ここではその目隠しプレイにスポットを当ててみましょう。

◆目隠しプレイとは

その名の通り、目隠しをして視覚を奪うプレイです。なんだそれだけのことか、と思われるかもしれませんが、これは実に奥深いプレイです。安易に目隠しをするだけとはいえ、その結果として得られるものはとても大きなものがあります。なにせなにも見えないわけですから、相手がなにをしてくるかもわかりません。

仮に相手が殺意を持って包丁などを持ちだしたとしても、こちらからはなにも見えないし抵抗のしようがありません。つまり、あなたにはなにをされてもいい、という服従の意思を示すわけですね。これはSM行為にとってとても大事な要素です。

さらには視覚を奪われることにより、他の五感…とくに触覚と聴覚が敏感になります。どこにいきなり触れてくるかわからないですし、フェラチオやクンニなどの音がより大きく響いて耳に入ってきますので、その興奮たるや一度してみないと絶対に味わえない経験でしょう。

オススメなのは目隠しをさせて、両手を手首のところで束ねて片手で持ち上げ、そのままフェラチオをさせることですね。見た目の美しさもさることながら、これをされたときの女性の服従感というものは凄まじいものがあるそうです。Mっ気が少しでもある子であれば、そこから一気に開花してしまうことも珍しくありません。

そしてなによりそのお手軽さがメリットですよね。アイマスクのようなものは100均でも売っているありふれたものですし、そういったものがなくてもネクタイで十分に代用が効きます。それにネクタイであれば男性であれば普通もっているものですし、これを使ってみない?といきなりアイマスクで提案するよりもごく自然な成り行きで試せるというのもオススメですね。

初心者がSM出会い系サイトで勝つための4つのポイント

男なら誰でも自分だけのペット奴隷、愛奴が欲しいと思うものだ。

それか、メス豚肉便器として調教し、ただ欲望のはけ口としてだけの関係として契約するのもいい。

なんて夢物語のような話だけれど、そんな世界に入るのはとても簡単なことだ。

ただ、一歩、足を踏み入れるともう帰ってはこれない、かもしれないが・・・。

それでもいい、というS男はSM出会い系サイトを利用してみるのがいい。

夢に描いていたようなディープな世界がそこにはあるのだから。

というわけで、これからSM出会い系サイトの門をくぐろうとする初心者に向けて、理想とするM女をゲットするための4つのポイントをあげておきたい。

●緊縛系のM女を堕とす。

SMと聞いてイメージするのが、女の子を縛る、つまり緊縛というやつだ。

亀甲縛りとか座禅縛りとか様々な縛り方がある。

M女のほとんどは縛られることを望む。

SMの世界ではポピュラーだといっていい。

SM用の麻縄は、アダルトショップでなくてもドン・キホーテでも売っている。アダルトショップを覗くのはちょっと抵抗がある、という人はそちらで買うのがいい。

しかし、本格的な緊縛は実はとても難しいものだ。

だから初心者なら緊縛はやめておいた方が無難。

実はM女もみんながみんな本格的な緊縛を求めているわけではない。軽く縛って自由を拘束するだけで感じるものだ。

初心者なら正直に縛るのは上手くはないことを先に告げておく方が、M女に対する印象はかえって良くなる。

●痛い系のM女を堕とす。

M女は苦痛を好む。

そのため、鞭を使ってM女を打つというのも、SMの世界ではポピュラーなものとなっている。

鞭には一本鞭とバラ鞭がある。しかし、一本鞭は初心者には扱いが難しい。それよりバラ鞭の方が扱いやすい。バラ鞭はSM専門の通販ショップで簡単に購入することができる。

しかし、一本鞭にしろバラ鞭にしろ、けっこう高価だ。

だが、そんな道具を使わなくとも、苦痛を与えることができればよいのだ。

スパンキングというのを聞いた事はないだろうか。手でお尻を叩くことだ。M女はスパンキングされるだけで苦痛に顔をゆがめて感じる。

初心者なら道具を使わずとも、こんな苦痛を与えることができる、とアピールするのが効果的だ。

●露出系のM女を堕とす。

野外を裸でM女を歩かせる。または大型ショッピングセンターでわざと裸を人に見せる。

もちろん、本当に裸を人に見せると猥褻物陳列罪として罪に問われる。

あくまでも見せるか見せないかのギリギリのスリルを味わわせ、「見られているかもしれない」と思い込ませることで、M女の羞恥心を刺激するのがポイント。

初心者なら、M女がどんなシチュエーションに興奮するかを聞き出し、それを実行するようにすることが大切。

ただし、最後に命令するのはS男の役割。M女の願望を叶えてあげるというスタンスでその気にさせるのが大切だ。

●変態系のM女を堕とす。

M女は変態なことが好きだ。

S男がどんな命令をしてくれるかをワクワクしながら待っている。

だから、ビデオやネットを見てあらゆる変態行為を調べておく必要がある。

メス犬として扱うのか、メス豚なのか、それともペット奴隷なのか。

S男の命令が過激なら過激なほど、M女は興奮する。

初心者なら日頃から色々なことを調べておいて、普通のS男がやらないことをM女にさせようとすればいい。今まで知らなかった変態行為にM女は眼を輝かせて喜ぶはずだ。

SM出会い系で彼女は作れるのか?

私はほんの数年前にSM出会い系をきっかけにSMにハマり始めた、まだまだ新参者です。SM自体には昔から興味がありましたが、漫画やビデオなどそういったものを鑑賞することで気持ちを満たしていました。

当時も彼女はいましたが、SM趣味を打ち明けて拒否されたらどうしよう…。もし、それをきっかけに嫌われて別れを切り出されたらどうしよう…。と、そういったことが不安でずっと黙っていたまま、ノーマルのセックスだけをしていました。

セックス自体はとても好きですし、彼女のことも好きでしたが、どうしてもノーマルなセックスでは本当の満足を得ることが出来ず、どこか空虚なものを感じてしまい…せっかくのセックスなのに、どこかもったいない。そんなモヤモヤした気持ちをずっと抱えていたのを今でも覚えています。

結局、その彼女の側も僕のどこか満足していない空気を感じ取ったのか、それともセックスのすれ違いが普段の生活にも影響しはじめてしまったのか、どこかよそよそしくなる時が増えてしまい、別れることになってしまいました。

その後はその経験を機に、きちんとSM趣味をもった人と付き合うようにしようと思うようになり、SM出会い系にハマっていき…そして今に至ります。彼女という存在が出来た時もありましたが、やはりSM出会い系で知りあうような女性と長くは続きませんでした。

なので今は割りきって、彼女ではなくパートナーとして相手を探すようにしています。

彼女や彼氏であれば、浮気というものは許されない行為です。しかし、パートナーであればそこまでの縛りは発生しません。あくまでSMを目的としたパートナーであり、結婚を視野に入れた彼氏彼女というものとは一線を画します。

それに、優秀なS男やS女というのはとても需要が高いものです。どうしてもSM界の比率的にはM嗜好の人口が多くなってしまうのもありますし、Sな人たちが複数のMを抱えるというのはごく一般的な光景です。

ある意味、一夫多妻制といいますか…一S多M制とでもいいましょうか?そういった意味でも、1人だけの相手とずっと付き合っていくというのは、理想ではありますがなかなかうまく行きません。

あくまでSM出会い系は出会い系です。相手がどんな人か、どんな目的なのかはわかりません。でも、わからなくていい程度の付き合いをするのには最適です。仮にそこで彼女が出来たとしても、「この人はSM出会い系に登録するような女性なんだ…」という思いが消えることはありません。

なので、私個人としてはSM出会い系は遊び程度に使う、というのをモットーにしています。