「後ろ手縛り」の縛り方

ushirote0182

この後ろ手縛りは手首や足首の拘束といった基本中の基本を除けば、一番ポピュラーで愛用されている縛り方かもしれません。これも同じように、他の縛り方と組み合わせて使われることが多いですね。別名としては後手高手小手(ごてたかてこて)と呼ばれたり、後手縛りと表記することもあります。

後ろ手縛り自体は1本の縄があれば出来るのですが、今回はせっかくですので2本つかってより固定感がでて、緊縛感のある手順をご紹介したいと思います。これまでと比べてかなり複雑になっていますので、よく図を見て下さいね!

usiro usiro2 usiro3 usiro4

注意点としては、とにかく後ろの縄をまとめている部分がごちゃごちゃしてしまいがち、ということです。適当にココを結んでいると、のちのち解くのに非常に苦労することになりかねません。きっちりと階層を考えて絡まないようにし、余った縄は根幹部分に巻いておくことで見た目にもスッキリします。

拘束状態が目的なだけ、時間的に早く縛り上げたいという場合は手順の9まで行えば立派な後ろ手縛りとして成立していますので、TPOによって使い分けてください。2本目を通すことでより緊縛としての完成度は高まりますので、時間とやる気のあるかたはぜひ最後までの手順を覚えてくださいね。

後ろ手縛りはかなり完成度の高い縛り方ですし、後ろに回った手にさえ気をつければそのままセックスとしていろいろな体位を楽しむことも出来るという実にオールラウンダーな縛り方なのも特徴です。

ただ、自分でちょっと後ろに手を回してみるとわかるのですが、後ろ手状態というのは関節的にかなり無理をした状態になりますので、緊縛状態のまま無理をしてしまうと脱臼や骨折をしたりしてしまうことも。

さらに後ろ手縛り状態での正常位などはベーシックであり魅力的でもあるのですが、自分の体重とご主人様による負荷が後ろ手のワンポイントに集中する形になりますので、背中がかなり痛くなりますし、加重と縄の縛りによって手首の血管が止まってしまうこともあり得ます。

ついついセックスをしたくなってしまう緊縛プレイのひとつですので、セックスそのものに夢中になりすぎず、相手の様子を必ず観察してあげましょう。緊縛の構造的に「あそび」を作ることが難しい縛り方になりますので、腕はずっと固定された状態になりますからね。

ただ拘束して眺めるだけならいいのですが、セックスなどの激しいプレイを併用する場合は長時間の拘束は危険ですので、気をつけてください。

この後ろ手縛りはとても使う機会が多く、また手順も複雑なためまずは1つ1つのステップをきっちりと覚えることが大事です。初めて縛る際はうまくいかないかもしれません。その場合は、M女側も裸ではなく着衣の状態で縛られるといいでしょう。

着衣であれば縄の滑りがよくなりますし、仮に長時間の緊縛手順になってしまったとしても肌寒さを感じることもありません。上半身を本格的に縛るのはこれが初めて、という人も多いでしょうから力加減には気をつけるとともに、その加減を学ぶいい機会にもなります。

腕は必ずリラックスした状態のままを固定するように心かげてください。縛り方の性質上、一度固定してしまうとその体勢がずっと変わらないことになりますので、変な体勢だったり身体が過剰にこわばった状態で縛り上げないよう注意してください。

この後ろ手縛りをきっちりと縛れるようになればもう初心者は卒業といえるでしょう。これから死ぬまでつかう縛り方になりますから、自分への自信にもなりますね!

 

おすすめSM出会いサイト

 調教マニア-SM即愛クラブ
おそらく、日本で一番会員数が多いサイトなのではないでしょうか?とにかく初心者から上級者、ソフトSMからド変態プレイまで幅広い層で賑わっており、24時間常に掲示板投稿が賑わっています。店舗のSMクラブやサークルなど知り合った人と話すときでも良く名前があがるサイトですので、SM界におけるYahoo!のような、まさに定番サイトといった言葉が似合う超大手サイトです。

 主従誓約書
なんといってもM女を探すならココ!「M女探し」という目的に絞ればココより適したサイトはありません。それくらい圧倒的にM女が探しやすいです。なにしろ、SM業界ではM女とS男の比率というのはおそらく7:3くらいでM女のほうが断然多く、S男というのは常に供給が足りずに無条件でモテモテになってしまうほどなのです。慣れたS男の人であれば5,6人のM女を常に抱えているなんてことも珍しくありません。そういった男の夢が実にあっさり叶えられるかもしれないサイトといえます。

 主従誓約書
こちらは上記2サイトほどメジャーではありませんが、私が個人的にいま一番ハマっているサイトです。より深いSMの世界を求めている人にオススメしたいですね。ただ単に性欲処理としてのSMプレイではなく、精神的なつながりを求めているワンランク上のSM出会いが欲しくなった人にはこのサイトが最適です。初心者のかたにとっても、ここの掲示板は必見ですよ。実に官能的なハイレベルな投稿が毎日行われていますので、それを見るだけでも実にSM欲が刺激されて勉強になります。