2015年11月一覧

いま、若い女性に梅毒感染が流行中!?SMプレイの性病リスクとは

048_m

衝撃的なニュースです。赤痢や結核のように、もはや過去の病気と思われていた梅毒(ばいどく)が2015年の今、若い女性の間で流行中だというのです。にわかには信じられない出来事ですが、実際にニュースとして配信されるなど、現実の出来事のようです。

悪循環に陥り始めた日本の「梅毒」感染 患者は調査以来最多、若い女性急増の謎

若い女性を中心に、性感染症の「梅毒」が流行している。国立感染症研究所によると、2015年10月28日時点までに、新たに梅毒に感染した患者数は、20~24歳の女性で177件と14年の2.7倍に急増した。

病原菌の梅毒トレポネーマは感染力が非常に強く、性的接触を通じて感染部位と粘膜や皮膚などに直接ふれることで感染する。後天性免疫不全症候群(HIV)の感染と同様に、医療機関は発見後1週間以内に都道府県知事への報告が法律で義務づけられている。

(中略)

女性の感染者の割合は、2013年は全体の19%を占め、14年は23%、それが15年は28%を超え、じつに3割に迫る。女性の感染者が増 えているのは割合だけでなく、絶対数も増えている。なかでも20~24歳の女性は177人で、前年同期と比べて2.7倍という急増ぶりだ。

また、感染ルートをみると、2014年は男性同士の性的接触による感染が増えたが、15年は男女ともに異性間の性的接触による感染が増えている。つまり、男女間での性行為で梅毒の感染が急増しているわけだ。

(中略)

梅毒の症状は、感染から3週間後に感染した個所に痛みのないしこりが現れ、3か月後には全身の皮膚にピンクのブツブツが現れてくる。特効薬のペニシリン で治療できるが、その後は潜伏期に入り、放置しておくと約3年後あたりから全身の臓器に腫瘍が現れて、脳にも障害が出て死に至ることが多いとされる。

 

http://www.j-cast.com/2015/11/26251380.html

まとめると

  • 梅毒とは感染力が非常に強く、主に性交渉時の粘膜や皮膚などに触れることで感染する性病の一種
  • 2011年から感染者は増加しており、2012年と2015年とを比べるとわずか3年で2.3倍に急増している
  • 男性同士の性交渉で感染が広がることが多く、患者数は男性の方が多い
  • しかし、最近では女性患者が増えており、男女間の性交渉で感染が広まっている
  • 感染経路としては男性から女性へというケースがほとんどだったが、現在では女性から男性へというケースが増えている
  • 感染すると3週間~3ヶ月の間で感染部位にしこりや皮膚にブツブツが出る症状が表れる
  • しかし、それを見落としてしまうと症状の出ない潜伏期に入り、3年後に再発してしまう
  • 初期段階であれば1ヶ月以内に完治できるが、潜伏期を過ぎてしまうと臓器に腫瘍ができ、放置していれば死に至る

梅毒は過去の病気ではない!

わたしもそうだったのですが、感染した人のほとんどは「梅毒なんて今の時代にはないものだと思っていた」という認識を持っていたそうです。しかし、今現在の日本において感染が確認されている人数だけでおよそ2,000人ほどの人数がいます。

梅毒は潜伏期間がありますので、自分に自覚がないだけで実は感染しているという人も含めれば、その2,000人という数字は確実に増えることでしょうし、もしかしたらその倍……いえ、それ以上なんてこともありえます。

日本でもっとも多く蔓延している性病はクラミジア感染症といわれ、その感染者数は推定で100万人以上と言われています。それに比べたら梅毒の2,000人なんてのは微々たる数字に思えるかもしれませんが、梅毒の恐ろしさはその強い感染力と、放置しておけば死に至るまでの深刻な症状にあります。

クラミジア感染症にかかったからといって気付かず放っておいても死に至ることはまずありませんが、梅毒に関しては治療をせずに放っておくと高確率で死に至ります。とはいえ、潜伏期をすぎて深刻な自覚症状が出始めてからでも治療さえ始めれば現代日本において死に至ることはほとんどありませんが、恐ろしい病気であることは確かです。

梅毒の治療に有効なのは抗生物質であるところのペニシリンなのですが、このペニシリンが普及し始めたのはわずか70年前の1940年代であり、それ以前にこの梅毒を治療する方法はほとんどなかったため、江戸時代などでは非常に高い致死率を伴う不治の病として恐れられてきました。

SM愛好家は、不特定多数との性交渉を行いがちです

そんな梅毒の感染経路というのは性交渉がほとんどです。皮膚や粘膜の小さな傷から感染してしまい、特にアナルセックスにおける感染が非常に多いことが特徴です。

アナルは膣とちがって愛液とよばれる潤滑油代わりの分泌物をもたない上に、そもそも異物を挿入されることを前提とはしていない器官のため、内側の皮膚が非常にやわらかく傷つきやすいのです。

そこに無理やりペニスを挿入することで腸内が傷ついて出血をしてしまい、そこから腸内に無数存在している細菌が入りこむことによってさまざまな性病のリスクがあることがわかっています。

そのため、男性同士の性交渉……つまりゲイセックスにはアナルを用いますので男性の方が感染者数が多いわけですね。しかし、そういったゲイのなかにはバイセクシャル、つまり女性とも性交渉をもつ人だっています。

これは梅毒だけではなく、エイズにもいえることですね。同じ同性愛者でもレズビアンは挿入するような棒状の性器ではないため、レズビアン同士で性病を広げ合うことはほぼありませんが、ゲイにおいてはそのコミュニティの狭さもあり、爆発的に感染が広がってしまうというリスクがあります。

コミュニティの狭さといえばSMの世界だってそうです。まだまだアブノーマルな趣味のひとつですので、どうしても同じ愛好家同士でパートナーを取っ替え引っ替えしたり、あるいは平行して多数のパートナーと性交渉をもつことが多いので、性病に対するリスクというのは一般的な出会い系よりも注意しなければなりません。

[icon image=”finger1-r”]まず第一の自衛になるのは必ずコンドームを付けること!

特にアナルセックス時には必ずつけてください。アナルセックス初心者のかたは、中出ししても妊娠しないんだから生でいいじゃん!と思っている方が少なからず……いえ、かなり多くの人がそう思っているかもしれません。

コンドームは避妊器具ですが、同時に性病感染を予防する衛生器具でもあるわけです。SM出会い系で会ったばかりの女性とセックスなりSMプレイを楽しむ時は、必ずコンドームを付けましょう。

また、定期的に会う関係にまで親しくなった人とは、必ず一緒に性病検査を受けることにしましょう。お互いが同時に受けることでなによりの証明になりますし、またこの人となら大丈夫といった安心感を得ることで、より深い信頼関係にもつながります。

SMプレイを心から楽しむためにも、性病に関する知識とリスク・マネジメントはきっちりと備えておきましょう!


ひとりSMによって年間300人も死んでいる!?

さる11月5日に放送されたバラエティ番組「ヨソで言わんとい亭」にて衝撃の特集がありました。こちらの番組は実際に自分が体験したことを元業界人やジャーナリストが赤裸々に実態を語るという人気番組で、放送時間帯が深夜ということもありこれまでにも芸能界や政界にはびこる売春や覚せい剤など、他のテレビ局では絶対に触れられないようなタブーに切り込む視点が好評を博している番組です。

tass

その番組にて元ミニスカポリスとして活躍し、いまは性風俗関係のジャーナリストとしても活躍している谷川明日香さんの調査によりますと、年間300人もの人がひとりSMが原因で亡くなっているという衝撃の発表がありました。

年間300人といえば、1日1人とまではいかないものの、それに近いくらいのペースで犠牲者が出ている計算になります。わりととんでもない人数ですよねこれって。では、具体的にはどんなひとりSMプレイが原因で死に至ってしまっているのでしょうか?

窒息プレイでそのまま……

SMプレイとしてはわりとハードな部類に入る窒息プレイ。メジャーなものとしては、男性が女性に対して行うことが多いです。なぜかといえば、挿入中に女性の首を絞めることで息苦しさを感じた女性は全身がこわばり硬直することで、オマンコの締りもぐっと良くなる……という現象が起こるからです。当然男性としては締りの良くなった挿入感を楽しめるメリットがありますし、女性としても窒息で意識が遠のきはじめたところでフッと絞められていた手が離されることによる開放感と、自分は生きているんだという実感を味わえることでハマってしまう人も多いんだとか。

当然ながら、これはとても危険なプレイです。力の加減次第で度を越してしまえばそれこそ殺人になってしまうかもしれないケースもありますし、優しくしていたとしても絞める時間が少なければ窒息プレイの醍醐味は味わえませんので、どうしてもギリギリまでせめこまないとやる意味が無い、という難しい面があります。興味のある方は、パートナーと相談の上、きちんと万が一のことも考えた体制で行ってください。

さて、そんなただでさえ難易度の高い窒息プレイを一人で行うにはどうしたらいいのか?実際、死に至ったケースとしては男性が女性用の下着を口に詰め込み、その上から粘着テープで口をふさぎ、さらには後ろ手で両手首を手錠で拘束するという……そこまでしたらそりゃ死ぬよね!?と言わんばかりな徹底ぷりだったそうです。

fesfおそらく、この状態からペニスを床にこすりつけてのいわゆる「床オナ」だったり、すでに起動していた振動式マッサージ器などで自慰行為を行うつもりだったのかもしれません。あるいは上級者でしたらそういったペニスへの直接的な刺激がなくても満足できたかもしれませんからね。

ガムテープで鼻も口もきっちりと密閉してしまったからこそ死にまで至ってしまったのでしょうが、仮に呼吸だけはできていたとしても後ろ手から自分で手錠を解錠するというのはかなりの難易度です。電話をしたり玄関をあけたりすれば異変に気づいた誰かが助けてくれるかもしれませんが、あまりにも恥ずかしいですし迷惑ですよね。それでも死んでしまうよりはマシですが……。

ひとりロウソクプレイからの全焼事件

死に至るひとりSMは窒息プレイがもっとも多いそうですが、それだけではありません。ひとりでロウソクプレイをしたいがために、火をつけたロウソクをテーブルに固定して垂れてくるロウをセルフで当てて楽しんでいたところ、燃え尽きたロウソクからテーブルに引火してしまい、そのまま自宅が全焼してしまうということもあったそうです。

ただロウソクを垂らしてみたいだけならわりと安全です。ただ、それはあくまでも両手が自由である場合……こちらのケースでも、両手を後ろ手で手錠拘束してしまったが故に、初期の小さな引火を消すことが出来ずに全焼にいたるまで消火活動をなにもできず、さらに両足までも拘束していたため逃げることも出来ませんでした。

結果、そのまま焼死体になってしまうという……なんとも痛ましい事件ですが、世間一般から言ってしまえば「馬鹿なんじゃないの?」としか言えない事件です。一番かわいそうなのは被害にあったこの男性よりも、この男性の親族の方かもしれません。

ggsds

どちらのケースにも共通しているのは、両手や両足を拘束してしまったことにより、いきすぎたSM行為を止める手立てがなかった、ということですね。当たり前ですが、どちらも両手が自由に使えれば死なずに済んだどころか、そもそも事故にすらならなかったことでしょう。

このニュースをみた一般人の反応としては

  • こんな死に方、絶対にしたくない
  • 理解できない……
  • なんでわざわざ手を縛るの?

などなど、やっぱり理解の及ばない世界の出来事に首をかしげている様子でした。SM愛好家の視点としては、やりたいことは理解できるのですが、やっぱりあまりにもリスクが高すぎます。M男性の心理というものはあまりわからないのですが、SMプレイというものはどうしてもギリギリを求めれば求めるほど快楽や達成感を得られる、という仕組みがあります。

リスクをかければかけるほどリターンも大きくなるというわけですね。だからこそ、自殺願望があるとしか思えない両手両足を拘束した状態でのロウソクプレイなどは「万が一のことが起こったらおれは死ぬ」という極限状態がまさにその極限の快楽を引き出していたのかもしれません。

たしかに場合によっては死に至るかもしれないけど、さすがに年間300人ってのは盛り過ぎじゃないの?そもそもどうやって調査したのか、それになにをもってひとりSM中の事故死と定義するのか、他殺を警察の怠慢で事故死として処理してるだけなんじゃ?と300人という数字は多すぎる、と思った人が大多数だったそうですが、私としては「あり得る数字」だと思っています。

著名人のひとりSM被害者もいます

2009年の話になりますが、デビッド・キャラダインというハリウッド俳優がホテルの一室で首と性器をロープで縛られた状態で死んでいるのが発見されるという事件がありました。日本でも人気のクエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」でタイトルにもなっているビル役を演じていた人気・実力ともに一流の俳優さんでした。

2009年6月4日、新作映画「ストレッチ(Stretch)」出演のため滞在していたバンコク中心部のホテル、スイスホテル・ナイラートパーク・バンコク(Swissotel Nai Lert Park Bangkok)の352号室のクローゼット内で、首と性器にロープが巻きつけられた状態で死亡しているのが発見された[4][5][6]。キャラダインのマネージャであるチャック・バインダーは、ベッドの上にあった足跡がキャラダインの履いていた靴とは一致しないことや、キャラダインの両手が体の後ろで縛られているとして、他殺などの疑いを主張したが[7]、後に流出した現場写真ではキャラダインの両手は頭上で縛られており、タイ警察当局では自慰行為の事故の可能性を指摘している。

異常な現場だったため、まずは自殺や他殺の線が疑われたそうですが、その後の元妻による「彼はクレイジーなセックスを好む変質者だった」という証言もあり、今ではひとりSM中の事故死だったというのが世間の認識になっています。

david-carradine-kill-bill

このような窒息プレイ中の事故死というのは日本だけではなく世界各国で起こっています。なにが人をそこまで窒息プレイに惹きつけるのかといえば……場合によってはコカインなどの覚せい剤に匹敵するような強力な幻覚症状と習慣性を引き起こすからなんです。

危険と隣り合わせなプレイですが、だからこそなのもしれませんが「うまくいけば」強い快感を引き起こすことができるそうです。首を絞められて窒息状態に陥ることで、一時的に脳への酸素供給が物理的に絶たれることになります。するとどうなるかといえば、酸素のかわりに二酸化炭素が累積することになり、それによってめまいや意識もうろうといった、いわゆる低酸素症といわれる症状を引き起こすことになります。

この低酸素症というのは半幻覚症状を引き起こすことがわかっており、登山者が高地で体験するミステリアスな現象というのもこの低酸素症の幻覚が見せているものではないか、と言われているくらいです。

その幻覚症状の強さはコカインと同等レベルともいわれており、さらには自慰行為のオーガズムとも直接的に結びついてその快楽を高めるため、自己発情窒息Auto-Erotic Asphyxiation)という名前がしっかりとついているプレイとして確立されています。アメリカでは通称AEAと呼ばれ、愛好家はけっこうな人数がいることが確認されています。

全米では年間で500件から1000件のAEA中の事故があるという報告もありますし、アメリカの人口は3億2000万人で日本は1億2500万人ですので、約2.5倍という人口差を考えれば日本で年間300人というのは妥当な数字なのではないか、といった印象ですね。

さらに実態としてはひとりSM中の事故としてではなく、他殺や自殺として処理されるケースも多いことでしょう。特に被害者に保険金がかかっていた場合、自殺として処理すれば保険金が下りなくなりますし、死亡現場をまず身内が発見した場合、女性用の下着や大人のおもちゃなど、自慰行為を連想させる遺留品を隠した上で通報する、という可能性も考えられます。

74

なのでこの数字は増えることはあっても、減ることはないでしょう。なんなら300人の倍の人数が犠牲となっていてもおかしくはないのかもしれません。世間に名のしれた著名人の有名な事故の一部でさえ、以下の例があるくらいです。

  • フランツ・コツワラ (en)(作曲家)は1791年に窒息プレイによる事故で死亡した。それは窒息プレイによる事故死の初めて記録されたケースである。

  • 阿部定は1936年、彼女の恋人である石田吉蔵を窒息プレイの末に絞殺し、彼の陰茎および睾丸を切除してハンドバッグに入れて数日間持ち歩いた。この事件は1930年代の日本に阿部定パニックを巻き起こし、日本で最も有名な殺人事件の一つとなった。(阿部定事件)

  • アルバート・デッカー(俳優)は1968年、バスタブ内でひざまずき、全裸の身体に口紅で性的な言葉が殴り書きされ、首に縄をかけた状態で死んでいるのが発見された。

  • ヴァーン・ボーデ (en)(アーティスト)は1975年に窒息プレイによる事故で死亡した。

  • スティーブン・ミリガン (en)(イーストレイ (en) 選出のイギリスの保守党議員)は1994年、自縛した状態で窒息プレイによる事故で死亡した[28]

  • ケビン・ギルバート (en)(シンガーソングライター)は1996年、見た目上は窒息プレイによる事故で死亡した[29]

  • クリスティアン・エッケルズ(イギリス国民戦線党員)は2005年に窒息プレイによる事故で死亡した[30]

  • ダイアン・ヘルツェグはハスラー誌を彼女の14歳の息子(トロイ・D)の死について訴えた。彼はハスラーに載っていた窒息プレイの方法を読んだあと、その実験をした[31]

  • デビッド・キャラダイン(俳優)は、彼の死体の検死を行った検死官によると、2009年6月4日に窒息プレイの事故で死亡したとされる[32][33]。彼の体は、タイの彼の部屋のクローゼットにロープでぶら下がった状態で発見された[34][35]。そして、直前のオーガズムの証拠が発見された[36]。2回の死体解剖が行われた結果、彼の死は自殺ではないと結論付けられ、彼の体を調べたタイの法医学的な病理学者は彼の死が窒息プレイによるものかもしれないと述べた[37][38][39][40]。キャラダインの二人の元妻であるゲイル・イェンセン[41][42]およびマリーナ・アンダーソン[43][44][45]は、彼の性的な興味が自縛の実行を含んでいると公的に述べた。

特徴としては、犠牲者のほとんどは男性だということです。女性にも稀に窒息プレイでの死亡事故がありますが、死亡事故全体の割合からすれば1%にも満たない数値でしかないそうです。

やはり、世の中はSへの需要が大きいのです

これから導き出される推論としては、やはり深刻的な女王様不足にあるのではないか、と感じてしまいますね。男性がSで女性がMの場合、パートナーとして成立してふだんの生活の中で日常的にプレイをしているカップルが多く見受けられますが、男性がMで女性がSで日常的にプレイをしているカップル……というのはあまり聞きません。

男性がM嗜好の場合、そのほとんどはSM倶楽部などの商業施設によってその願望が満たされる事が多いです。なので一度窒息プレイの味を知ったあと、お金が勿体ないから一人でやろう……との発想から、死に至る危険なひとりSMをしてしまうのかもしれません。

その点、M女の場合はS男に頼めばやってくれますし、そもそも女性にはM女性へ向けたSM倶楽部といった商業施設が存在しません。なので女性が窒息プレイを楽しみたいなら、パートナーに頼むというのが一般的になっているのでしょうね。

ただ、不足しているのは女王様だけではありません。S男だって常に不足しているのです。とくに、先程も言ったように女性はお金で気軽にSM欲を満たすことが出来ません。男性であればSM倶楽部へいけばなんでもしてくれますが、女性はそうはいきませんからね。

なので洗練されたS男というのは、M女性からお金を徴収してプレイを提供しているという、まさにプロS男ともいうべき人も存在します。調教料という名目で月ごとに数万円……場合によっては十万、二十万、といった数字にいたることもあるそうです。

そうでなくてもS男は足りませんから、お金をもらえるレベルに至らなくてもタダでM女とプレイを楽しめるというのはS男の利点ですよね。SM出会い系でもやっぱり男女比だけでみたら女性よりも男性の方が多いのですが、ことS男とM女に限れば、その男女比は逆転します。M女のほうがS男より多いので、S男側は選ぶ側の立場になれるわけですね。

普段の出会い系ではまず味わえない、男側が有利という状況はかなりおいしいものですよ。M男の人も、まずはS男として登録してみて、M女にSプレイをすることで自信と経験をつけることをオススメします。そうでなくても、会えばほぼ確実にただでエッチできるんですからおいしい話ですよね。

やはりSMというものはひとりでやるものではありません。パートナーいてこそ成立するものですし、リスクも二人で分散することで未然に防ぐことは万が一に至る前に止める事ができるのです。危険なひとりSMをするくらいなら、SM出会い系でパートナーを探すことを強くオススメします!