縄の扱い方と基本的な手首・足首の縛り方

こちらでは縄を初めて使う初心者のかたにむけた解説紹介をしていきます。縄というのはやたらと適当に縛ればいいというものではありません。拘束さえできればいいんだろう、と乱暴な縛り方をしてしまう人もいますが、そういった独自の縛り方というのは怪我のもとですし、きちんとした正しい縛り方というものが存在します。

たとえば、漁師になってまず学ぶことはロープの結び方ということを聞いたことがあります。商売道具である漁船と港をつなぐものはたった1本のロープですし、もしハンパな結び方をしてしまって縄が外れ、沖に流されていってしまったのでは一巻の終わりです。

なので必ずきちんとした結び方を学びますし、何種類もの目的に沿った結び方が長い歴史の中で確立されていっているのです。とにかくガッチリと結ぶことに特化した結び方、すぐに解けるのを重視した結び方、固定された杭に結ぶのか、あるいはロープ同士を結ぶのか、そんな様々な結び方があります。

それはSMだって同じことです。なんていうと漁師さんからは怒られるかもしれませんが(笑)。でも、漁師さんたちにも負けないくらいの多種多様な結び方や、それに伴う意味、江戸時代から続く捕縄術としての歴史なども含めてしっかりとした成り立ちがあるのです。漁師さんにしてもSM愛好家にしても、先人たちの知恵を借りているという立場は変わりません。ありがたくその結晶をたまわり、活用していくようにしましょう!

縄の扱い方

縄は半分に折ってつかう

musubiまず基本的なこととして、縄は半分におった状態で縛ることがほとんどです。これは1本だけで縛るよりも安定感が増しますし、身体への負担も1本で縛るよりも2本で縛ったほうが掛かる力が分散することで、強く食い込んでしまうことを防ぐという目的もあります。

ただ、プレイ中にいちいち半分に折っていたのでは不便ですし、面倒です。なので基本的にはプレイを開始する前にまずは2つに折った上で、縄の中心に結び目を作っておくことをオススメします。この結び目はあくまでも目印ですので、いざ縛る段階になった時にはこの結び目をときます。

縄の保存はざっくりと束ねた状態で

hokan細かい話にはなりますが、縄を保管する際はざっくりと束ねた状態で保管することをオススメします。とぐろをまいたヘビのように、ぐるぐると巻いて保存する方法もあるのですが、いざつかうという時に解くのに時間がかかりますし、急いで外そうとするとからまってしまうことも。

なのでさっと持ち出せて、すぐに外すことのできる単純な束ね方で保存しておくのがベストでしょう。また、きちんとした麻縄などであれば保管する場所にも気をつけましょう。アクリル素材の合成繊維などでしたらそこまで気をつかわなくてもいいですが、植物由来の麻縄などでしたら高温多湿の場所などではカビが生えたり腐ってしまったり、湿気を吸って変質してしまうことも考えられます。

ビニール袋にいれてしまうなどもご法度です。通気性がわるくなってしまうため、こちらもカビが生えたり変質してしまうことになりかねません。そういう意味では車のトランクなどもあまりお薦めはできません。しかし、ご家族に内緒で外でSMプレイを楽しんでいるというお父様であれば、万が一に縄が見つかったとしても違和感のない場所でもありますので、適度に陰干しするなどの手入れを怠らなければ問題ありません。

手首と足首の縛り方

手首と足首の縛りというのは基本中の基本になります。人間、手と足が動かなければなにもできません。文字通り、手も足も出ないというわけです。人間の行動と自由を奪う手首と足首の縛りはお前は俺の支配下にあるんだぞ、というSとMの主従関係をより色濃く感じさせてくれるプレイです。

ただ、どちらも「首」という字がついているように、きつく締めるような縛り方というのはご法度です。きつく縛られてしまうと血の流れが止まり、うっ血によるしびれなどが起こりえます。そのまま放置しておくと怪我の原因になりますので必ずきちんとした縛り方を覚えましょう。

手首の縛り方

まさにお縄を頂戴するといった感じで、いまもなお悪いことをした人は両手をつきだして手錠をかけられるというイメージは浸透していますので、手首を縛られることは服従であり、その相手に屈してすべて従うというポーズでもあります。

縛る方法自体はシンプルでとても簡単なものなのですが、緊縛プレイにおいて手首を縛らないことは稀というくらいに頻出する基本中の基本でもあります。

tekubi

重要なのは4番の「手首に巻いた縄の内側にもう一度いれて縛る」という部分です。これをしないとぐらぐらとゆらついた縛りになってしまいますし、必要以上に締まってしまうのを防ぐ効果もあります。

まずは縛ってみて、相手の感想を必ず聞いてみてください。痛いところ、キツいところはないか、逆にゆるく感じるところはないか、と。見た目にはきれいに縛れていたとしても、しっかりと縛れているかどうかはまた別だったりしますからね。

足首の縛り方

続いては足首です。基本的には手首とまったく同じ構造になっています。

asikubi

足首は手首と違って多少無理がきいてしまうというメリットとデメリットがありますので、きつく縛ったつもりはなく、きつく縛られていた自覚もなかったのに、実はきつめに縛られていて気づかないうちにうっ血していた……なんてこともありますので気をつけましょう。

手足首の縛り方

これまでは手首と手首、足首と足首と合わせて縛ってきましたが、手足首の縛りというのは手首と足首で縛る方法です。両手足首をこうすることで自然と脚を開いてしまう格好になりますので、羞恥レベルはかなり高いと言えるでしょう。

teasi

初めてこの縛り方をされた女性というのは、なんとか脚を閉じて陰部を隠そうとします。しかし、この状態でいれられるチカラというのはたかが知れていますので、いとも簡単に「観音開き」にすることが可能です。

普段のセックス中に何度もしてきた格好かもしれませんが、拘束状態での観音開きというのはまったく別物の恥ずかしさがあるそうです。人間、恥ずかしい思いをするとつい顔を手で覆ってしまいますが、その顔を覆う手も自由にならないので表情を隠すことすら出来ません。

拘束されるというのはどういうことなのか、ということを身を持ってわからせることのできる手足首の拘束というのは入門用でありながら入門レベルを超えた効果をもたらすことができるでしょう。

おすすめSM出会いサイト

 調教マニア-SM即愛クラブ
おそらく、日本で一番会員数が多いサイトなのではないでしょうか?とにかく初心者から上級者、ソフトSMからド変態プレイまで幅広い層で賑わっており、24時間常に掲示板投稿が賑わっています。店舗のSMクラブやサークルなど知り合った人と話すときでも良く名前があがるサイトですので、SM界におけるYahoo!のような、まさに定番サイトといった言葉が似合う超大手サイトです。

 主従誓約書
なんといってもM女を探すならココ!「M女探し」という目的に絞ればココより適したサイトはありません。それくらい圧倒的にM女が探しやすいです。なにしろ、SM業界ではM女とS男の比率というのはおそらく7:3くらいでM女のほうが断然多く、S男というのは常に供給が足りずに無条件でモテモテになってしまうほどなのです。慣れたS男の人であれば5,6人のM女を常に抱えているなんてことも珍しくありません。そういった男の夢が実にあっさり叶えられるかもしれないサイトといえます。

 主従誓約書
こちらは上記2サイトほどメジャーではありませんが、私が個人的にいま一番ハマっているサイトです。より深いSMの世界を求めている人にオススメしたいですね。ただ単に性欲処理としてのSMプレイではなく、精神的なつながりを求めているワンランク上のSM出会いが欲しくなった人にはこのサイトが最適です。初心者のかたにとっても、ここの掲示板は必見ですよ。実に官能的なハイレベルな投稿が毎日行われていますので、それを見るだけでも実にSM欲が刺激されて勉強になります。